フルート入門 その2 対照的な姉妹フルート

  偶然、フルートの姉妹が出会った。詳しくご説明すると、同じ職人によって作られたフルートが互いに持ち寄られる機会があったということ。この2本のフルート生まれた工房はマテキ。

なぜ、姉妹かって?フルートはドイツ語上の扱いが女性名詞だから。また、年齢の上下は、製造番号の違いで判断できる。

この機会を利用して、これからフルートを初めてみたい方に少しご案内をしてみたい。

Photo

写真上のフルート、この子は妹だ。穴の並びがまっすぐ(インライン)、キーはリング状になっている(リングキー)。持ち主(僕)の趣味で、彫刻まで入っている。

姉は、対照的。穴の並びが曲線的で(自然な指の配置、オフセット)、キーは蓋状(カバードキー)。堅実で地味である。

この対比、人間でもありそうな姉妹?

インラインでリングキー、僕がなぜこのタイプのフルートを選んだかといえば、構造デザイン的に端正だし、指を微妙にずらす技法が使いたかったから(曲目にアイリッシュ系を意識)。

一方、楽器屋さんに売られている量産型のフルートは、オフセット、カバードキーが多いと思う。手の小さな人でも操作性が良いし、正確な音も出しやすいから、つまり無難だ。

しかし、姉はれっきとした職人手作りモノである。その職人技の最たるものは、頭部管(吹き口がある部分)の、巻き管製法だった。

これは、管を伸ばして造るのではなく、板を巻いて繋ぎ合わせて造る製造法のこと。見た目ではほとんど分からないが、こちらの方が難しく、値段も高い。

姉フルートは、組み立てるとき、独特の感触があるように感じた。吸い付くように入るような。実際、妹と吹き比べてみる。音質といえば、明らかに上質と感じた。なぜこんな違いが生まれるのか不思議だった。

さて、こうして姉妹は出会うことができた。でも、姉妹を作った職人さんは、すでに亡くなっていた。楽器の世界ではよくある話だ。でも、自分の技をずっと残る音の形にできるなんて、いいことだよね。

バイオリンとティンホイッスル

うちの娘は、鈴木メソードでバイオリンを習っているが、ようやく教本のバッハのメヌエット1~3までたどり着いた。正確にいうと、バッハ作曲は推測で、バッハ?と教本にある。

そこで、僕がティンホイッスルで合奏してみた。アイリッシュ系でクラシックするのも面白い。

Photo

やはり、笛は調の問題が大きい。特にティンホイッスルは、調に応じて楽器をD管とか、C管など楽器自体を使い分けるのでよく分かる。

それに比べ、音階が固定されていないバイオリンは格段に融通が利く。裏を返せば、その分操作の難しい楽器なのである。

たとえば、習い始めは、先生が指で押さえる場所に色つきテープで印をつけてくれたりするが、これがなくなると全くの手探りだ。笛のように所定の穴はないから。

あと思うのだけれど、メヌエット、すなわち舞曲の様式ということ。

通常、クラシックは、聴くものと理解されているが、バッハの時代は、メヌエットは文字通り舞曲だったのだろう。こんなことを考えるのは、アイリッシュとの比較を意識したからだ。

当時ダンサーを意識したそれらしい弾き方もあったに違いないが、譜面上の表現の域ではなかろう。

一方、アイリッシュ(アイルランド音楽)は、かなりポップス化しているとはいえ、ダンスを意識した音楽である。譜面にはないが、ダンスの様式に合わせたリズムや間の取り方がなくてはアイリッシュとはいえない。

現地の音楽家が来日し、ダンスに合わせる機会があったとき、日本のアイリッシュ・ダンサーたちが改めて本物を認識したことはこの点だった。

大げさにいうと、特定のダンス様式に身体感覚を覚醒させる音楽のあり方。ただし、アイリッシュでメヌエットはかなり例外だけれど。

ところで、写真の楽器を説明すると、

バイオリンは、鈴木バイオリンで子ども仕様、大きさ3段階で一番大きなもの。

ティンホイッスルは、ティン(=錫)製ではないが、木製(ローズウッド)、製作者グレン・シュルツである。

日本でも普及してきたマイケル・バーグの金属製ティンホイッスルのように、高音域のキレはないものの、温かみのある音が持ち味だ。

フルート入門 その1 銀座山野楽器へ行く

つまり、フルート選びの付き合いである。ここほど各種メーカーのフルートを吹き比べできる場所もないので、銀座山野楽器へ。

それにしても、「アナと雪の女王」、、一階の特設コーナーはあの主題歌で席巻されている。地下鉄の階段で歌っている子どもがいるほど。

でも、とにかく5Fのフルートサロンへ行く。

ことの発端は、僕のマテキ(フルートのブランド名)である。僕よりフルートができる人が、このフルートを吹いてみたところ、いたく気に入ってしまった。操作性がいい、特に高音域の音がよく出る、ってことで、愛用のフルートの限界を感じ、マテキに拘わらずいろいろ試してみたい、と思ったわけ。

僕は、コメント係。

こんなきっかけで、このシリーズを始めてみた。

そもそも、フルートを広めることに関心がある。この記事をきっかけにフルートやってみたい、って人が増えることを期待している。

さらに欲をいえば、笛一般。僕の使用楽器は、その他、ティンホイッスル、アイリッシュフルート。こっちの紹介もしてみたい。

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ