アイルランド音楽

アイルランド曲集その4 Inisheer/イニシュア

もし、貴方が「アイルランド観光最もおすすめの場所は?」というなら、アラン島かなっと僕は答える。

アラン島といっても、諸島であってイニシュモア、イニシュマン、イニシュアから成り立っている(イニシュが島の意味)。景観的にも、遺跡的にも、泊まるにもニシュモアが最適なのだが、イニシュマン、イニシュアは地味だが秘境的な魅力がある(正直、この2つは行ったたことがないけど、伝聞による)。
そして、この曲は、イニシュアのテーマ曲のようなものだろう。

https://www.youtube.com/watch?v=NuK3KG6lDn0

youtubeで拾ってみた。

たぶんこの人は、ブルターニュ系のハープ奏者、そして名乗っている名前はマリオンさん。ケルティック電子ハープの演奏をいくつかアップしている。セッションしてるもう一つの楽器は、ローホイッスルだ。

観ているうちにこの動画、ぎょっとするサプライズがある。

最初、「のどかに、平和に、海辺の夕暮れっていいよね、、」とか見てるうちにだんだん後ろの背景が明らかになってくる。

まさに船の墓場!複数横たわっている。骨組みだけのものなど(木造船かも?)、竜の骨格みたいだ。アイルランドでは心当たりないし、ブルターニュのどこかだと思う。

https://www.youtube.com/watch?v=Ffln6y8Pe3I

次の動画は、さらに複数楽器のセッションデビュー。こういったスローな曲は、みんなでそれぞれ練習して、初心者も歓迎で、集まって弾いてみよう!、、な、状況にあっている。楽器系サークルってところかな。

楽器がいろいろあって少し珍しい楽器は、ブズーキー。ビターとマンドリンの中間みたいな楽器で、繊細な音が特徴。本来はギリシャの楽器だが、アイリッシュにも使われるようになった。

みんな緊張気味だが、ホイッスルで始まり、ホイッスルで終わる演出は悪くない。

 

 

 

 

アイルランド曲集その3 Tam LinあるいはGlasgow Reel、そしてフィドルとは?

8ビートのダンス曲、つまりリールの一つとしてご紹介したい。

この企画では、アイルランド、、の曲ということだが、Tam Linはスコットランドの妖精バラードの主役の名前だし、Glasgowはスコットランドの都市である。なので、本来の出自はそっちかもしれないが、印象深いリールなのでご紹介しておきたい。

で、できることなら、体にリズムを反応させるように聴いてくれたら、本来のリールの味わい方である。「さあ、踊ろうよ!」まではいえないけど。
YOUTUBEで、拾ってみると、、

https://www.youtube.com/watch?v=IWNtMIsF4Cg

一人でこれだけ高揚感を与えてくれる演奏もなかなかだ。激しく、技巧的なのだが、正確なリズムが底辺に流れていることにお気づきになってほしい。かつ、よくできた演奏家はダンサーに乗りさすさを提供することにも長けている。このあたりが、フィドルとバイオリンの大きな相違とも思う。

それにしても、この人、魔性を感じるね。

https://www.youtube.com/watch?v=R2jkkKYz2x0

こっちはバンド構成でダンサーつき、途中で別のリール曲になるが、こういった組み合わせも演出の聴かせどころ。

また、チェロもあったりする。

https://www.youtube.com/watch?v=R2jkkKYz2x0

でも、楽器として、フルート、ホイッスルの笛系には不向きのように感じる。この点は、僕的に残念。

 

 

 

 

 

アイルランド曲集その2 Bruach Na Carraige Báine/白い岩の岸辺

引き続き、youtobe からアイルランド伝統曲の演奏を拾ってみる。

とにかくこの曲は哀しいのだ。歌詞的にはラブソングなのだが、まず思い浮かぶのは波とか、雲とか、風の音のことばかり。

最初のご紹介コンテンツは、ご当地バンドのものだろう。みんないい表情をしている。会ったこともないのに懐かしい仲間?

白黒画像に、友達デジャブを感じる編集だ。

https://www.youtube.com/watch?v=bkOrm_2XYjo

次もホイッスル中心の演奏だが、より緩やかで、映像を交え神妙な気持ちになる。

それにしても、この風景写真は驚きだ。アイルランドでは珍しいオーロラまで記録されている。見事なアイルランドの自然の紹介でもある。

https://www.youtube.com/watch?v=B1F9ouN0jE0

次は、アイリッシュフルートの演奏。この人の演奏は正統派である。この楽器の伝統的な奏法もぜひ堪能していただきたい。

https://www.youtube.com/watch?v=jzaomOwi4vs

最後は、著名なバンド、Solasのもの。ゲール語の歌ではどうだろう。

ちなみに、solasとは、ゲール語で太陽のことである。

https://www.youtube.com/watch?v=1cCr_ktCpoo

歌詞の中で、Bruach na carraige Báine /ブラッハ ナ カリゲ バニャ お聴き取りできましたでしょうか?

CDのジャケット、タイトルもこの曲調にぴったりと思う。

と、共感していただいた方がいたら、とてもうれしい。

 

 

 

アイルランド曲集その1 Sally gardens を訪ねて

youtubeでSally gardens を集めてみた。

https://www.youtube.com/watch?v=0ODQnrgxzXU

スタンダードな歌と演奏。知らないバンドであるけれど、歌詞もわかりやすい。

https://www.youtube.com/watch?v=1qCMShuGFmM

アイルランドの子どもたちの歌と演奏。

アイルランドゲール語のバージョンと英語を交えた歌唱はとても精神性の厚みを感じる。

加えていえば、アイリッシュハープ2台。豪華である。

https://www.youtube.com/watch?v=d02dI9jBz3A

大御所、クラナドのパブのライブである。

正直、それほどでもないが、臨場感を皆さんに伝えてみたい。

歌っているのは、エンヤのお姉さん、モイラ ブレナン。

最後まで聞いてほしい、観客との唱和がある。

これがアイルランドなんだ。

ここは、アイルランドの最果てのパブ、レオズ・ターバーン。

街灯も何もない、真っ暗闇の田舎で、ポツンと灯った空間でのひと時。

貴方も訪ねてほしい。

でも、一言。歌とか、演奏とか期待されると思う。

心して!

怖がることはないよ。真心があれば。

これを受け入れてくれるのが、ここの住人なんだ。

 

Down by the sally Gardens/サリーガーデンズ の訳

恐れ多くも、

W.B.イェーツの詩を自分なりに訳してみました。

いかがでしょうか、

青春のぎこちなさ、この雰囲気が伝わると嬉しいです。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

Down by the sally gardens

サリーの木々の茂みを下り、僕は愛しい方と会った。

僕の心に残るもの、それは、サリーの木々を過ぎる雪のように白い、小さな足。

彼女は僕にはっきり言った、

愛することは、思い詰めることではないのよ、

木の枝に葉が茂るように、さわさわと満ちるものよ、

でも、僕は青くて愚かだった。

彼女の言葉は、僕の心に届かなかった。

 

川のほとりの野辺、僕たちは立ち尽くしていた。

僕が肩を寄せたら、まぶしいような白い手を添えてくれた。

彼女は言う、

生きることは、本当は、たやすいのよ、

川の堤の草は、苦も無く生い茂るのよ、

それでも、僕は青くて愚かだった。

だから今も涙が枯れ尽きない。

 

サリーの花咲く庭、sally gardenに関して

Down by the sally Garden、のサリーのことについて書いてみる。

Sally  

 

この歌のイメージを理解するうえで、サリーがなんだかわからなくては始まらない。サリーさんって人?いや、女性の名前ではなくて、柳なのだ。

柳とはいえ、あの幽霊の出そうなシダレヤナギではなくて、コウリヤナギの類。

こうりは、行李、すなわち木の枝で作った容器のこと。柳はしなやかで長い枝なので、編むのに好都合なのだ。

日本でも民具として行李があるが、かつてのアイルランドでもそうだった。

また、水辺の樹木でもある。

なので、洋風庭園のバラのような鑑賞用の樹ではなく、水辺にあって、かつ庶民生活に密接な樹ということ。

とはいえ、素朴なりに花も咲く。

この写真は、サリーの雄花だ。うちの庭のものを撮ってみた。でも、アイルランドで、わざわざこの樹で造園する文化があったとは思えない。

この歌の題名、確かに”garden”とあるけれど、野辺とか川辺の開けた場所と考えればよいのでは。

ゲール語の題名では、”Gort na Sailleàn”/サリーの野 となっている。

ティン・ホイッスル入門 その3 耳をすませば

入門というより、応用の話。

ジブリのアニメ「耳をすませば」の、主題曲「カントリーロード」。その間奏のリコーダーの演奏ってなかなかいい。

憧れて、リコーダーで吹いてみる。でも、アマチュアとしては、難曲だ。

緩急が激しく、やたら早い部分があって、テンポがなかなかつかめない。

C管のリコーダーとしては、早い部分の半音が困る!

この曲、ヘ長調だ。ってことは、♭一つじゃないか?

いや、この間奏は、事実上変ロ長調で♭は二つある。あーめんどくさい。

B

そこで、ホイッスルだ。それぞれの調に応じたヴァリエーションがある。この曲の場合、変ロ長調のホイッスル(B♭管)を使えば、半音でこけず運指がなめらかにいく。

ただ、かなりの高音があるので、高音が冴えるマイケルバーグ製のホイッスルがいい。

この写真右がそれ。左は、より一般的なGeneration製。

リコーダーに近い音のホイッスルは、映画タイタニックで活躍した(と聞く)スザート製だけれど、如何せんこの楽器は高音が苦手だ。

ティン・ホイッスルには、アイリッシュ音楽を越えて、いろいろ試みる余地がある。ただ、コレクター化してしまっては、本末転倒だけど。

Fiddle/フィドルとバイオリンそして津軽三味線

この記事は、「青の森紀行」の伏線でもある。

辞書で、fiddle と引くと、バイオリンと第一の意味がある。しかし、ぺてん、詐欺、ぶらぶら過ごす、とかの否定的な意味が隠語的に関連する。

欧州の音楽上、バイオリンは、クラシックの楽器であり、フィドルは民族的、土着的な音楽の演奏の楽器である。でも、「ブツ=楽器そのもの」は同じである。

この「ブツ」は、日本では、ほぼ前者の意味でしか使用されていない。なので、良家の子どもが習うイメージ。音楽大学の正統な教育課程でもある。しかし、後者の世界もそれはそれで奥が深く広大である。

アイルランドの路上で、フィドルを弾き、投げ銭を稼ぐ人がいる。こんな”文化”がフィドル演奏の土壌だ。

物語的にいえば、飲んだくれの父がいて、病弱な母がいて、子どもが路上でフィドルを弾き、日銭を稼ぐ。

その技量に一家の生活がかかっている。だから、技術的には相当なものだ、客のリクエストにも応じるので臨機応変、でも、楽譜の読み方は知らない。

津軽三味線を世に知らしめた高橋竹山。この人は、まさにフィドルな人だった。

目が見えず小学校はほとんど行かなかった。そこで、親は14歳のとき、三味線弾きに弟子入りさせ、16歳のとき自立した。

自立、それは、日銭を稼ぎ自分で生きろ、ということだ。実質は放浪演奏。

竹山の伝記には、「門づけ」という言葉がよくある。これは、家々を尋ね、演奏し、米やわずかな金をもらうこと。極限的な演奏活動の形である。

竹山の同郷の人に「知ってます?」と尋ねたら、「あ、おもらいさんね」と言われた。つまり、「物乞い」としか見られていなかったことがよくわかる。

ところが、竹山の晩年には、大きなステージの独奏があり、海外演奏旅行も実施された。それは、彼自身の卓越性と支持者の成果だ。時代背景も大きいだろう。

こうして、一つの音楽ジャンルとして”津軽三味線”が確立した。楽器として津軽三味線は、太棹だそうだ。でも、竹山にいわせれば、それは舞台に立つからできること。というのは、毎日遠距離を歩く、「門づけ」に太棹では重すぎる。過酷な時代を生きた人だから分かる実感だ。

参考:「高橋竹山に聴く ―津軽から世界へ」 佐藤貞樹著 集英社新書

小さなライブをアイリッシュでする用意(使用楽器)

余興的に演奏を頼まれたので、楽器を選んだ。映像制作関連の団体のイベント上なので、映像関連の音楽を意識する。この場合、映像とは、”タイタニック”などである。

曲目としては、

①Ar Éirinn ní nEosfainn Cè hí (訳:アイルランドのために、彼女が誰かを言えない)

②My Heart will go on (タイタニックのテーマソング)の一部

タイタニックの音楽では、アイルランドのバグパイプ(イーリアンパイプ)が活躍したが、ティンホイッスル(B♭管)も登場しているので。

③Cooley's Reel、④Over the Moor to Maggie (連続で)

あと、ポルカとか(簡単なダンスの伴奏として)

②以外、一般の人は知らないと思うけど、YouTube でこれらは簡単に聴くことができる。よろしければ、ご検索を。

④この曲は、日本のアニメで使われたことがある。マイナーなアニメだけれど、「魔法遣いに大切なこと」だ。遠野(主人公の出身地として設定)の風景のBGMとして使われた。楽器は、アイリッシュ・フルート。

楽器は、これら。

Photo
上から、アイリッシュ・フルート(E管)、メーカーは、ペーター・ノイ。一般的にはD管だけれど、ソロで演奏するなら、運指上、小ぶりなE管がいい。

中央は、ティンホイッスル(B♭管)、メーカーはチーフタン、演奏はタイタニック用。

下は、標準的な、ティンホイッスル(D管)、これは明るく楽しいポルカ演奏を想定。

さて、、、うまくできるかな。飲みすぎないようにしよう。

ケイリー/Céilí とは、アイルランド音楽の中核

ケイリーバンド募集!、ってEメールが届いた(国内から)。

Céilíとは、アイルランド式の伝統的なダンスパーティのことである。

そこで、演奏するバンドがケイリーバンドである。

すこし驚いた。これ、コンペティションの募集である。つまり、日本国内でそれなりにバンドが集まる時代になったということだ。

そして、ダンサーたちも交え、大きなケイリーも開催される企画である。

アイルランドを旅すれば、音楽ショップや公共の施設などにケイリーの企画、ダンス・楽器演奏のワークショップのポスターを目にすることができる。

たとえば(少し古いけど)、

Photo

どちらか若しくはどちらも習ってケイリーにデビュー、こんな仕組みができている。

いわゆるバンドは、それ自体個性ある見せどころがあってこそCDが売れたりできるわけだが、ケイリー場面に関しては、そこそこ地味でなくてはならない。

つまり、個性に走るのではなく、ダンサーを気持ちよく踊らせるリズム性とかアクセントが重要になる。あくまでダンスとの整合性が肝心だ。

アイルランド音楽は、そのほとんどがダンス曲だ。身体的に流れに乗ることが本来の楽しみ方なのである。

なので、この音楽を始めてみたい方には、ぜひ基本ステップを身につけることをお勧めしたい。これは、楽器を習ううえでも役にたつ。

http://comhaltas.jp/

たとえば、こんな団体もある。

より以前の記事一覧

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ