思想

大人の魔法入門 その3 錬金術

日経平均が、2万円を突破した。この先、大事が無ければ意外と跳ぶかも知れない。すると、強欲な人たち、すなわち、「元本割れ」を恐れ、多額の預金を抱えこんできた人たち株式投資とかを始め、手のひらを返すように、「やっぱり株よ!」とか、錬金術の成果を誇示するようになるだろう。これが社会が妖しい魔法に翻弄されだした兆しの一つである。

このとき錬金術師の必須のアイテム、”賢者の石”があるならば、この石が危険を警告してくれるはずだ。

そもそも、金融とは、社会の制度と人の心が織りなす巨大な魔法空間なのである。

預金が一見安全に見えることも、この魔法の成果、それも強力な成果である。たとえば、株式は、刻々と取引によって価格が変動するわけで、その価格自体にはリアルな根拠がある。一方、預金は、あくまで額面であるが、そのように、制度的に決められたのでそうなのである。

いかに額面が守られたとはいえ、この魔法が、背後から破られる事態は、おおむね2ケースだ。一つは、為替、もう一つは、インフレ・デフレである。

デフレになれば、預金が同じでも、より多くのモノが買える。インフレなら、その反対。

今の日銀は、インフレに誘導しようとしているが、なかなか効果が出ないので、”劇薬魔法”で一気にカタを付けようとする傾向にある。

しかし、インフレに収支がつかなくなるのでは、と、危惧する声も大きい。

かの大日本帝国が崩壊したとき、預金、国債の価値がどうなったか、実感を持っている人は少ない。

世界情勢的に、明日までの日常と今の日常が非連続的であることは、十分にありうる。

日本の財政も深刻だ。前、日銀総裁は、「金融環境は非連続的に変化しうる」と、言葉を残して去っていった。

金融の賢者の石は、こう告げる。

先の見えることは見えないこと

守ることは攻めること

分けるは得るの始まり

破滅は機会

進むは引くの始まり、引くは進むの始まり

魔法にかからないことが、かけること

矛盾を進めば、道ができる

前を見ないで後ろを見て進め

子どもとの対話 言語と哲学

(娘)いっぱいモノがあるのに、みんな名前が付いているなんてスゴイよね!

(私)そうだね、長い間をかけて、人が名前を付けたんだよ。

(娘)でも、髪の毛はいっぱいあるのに、世界中の人の髪の毛の数はもっとスゴイのに、一本一本名前なんてないよ。

(私)うん、そうだけど、「この、髪の毛」っていえば、特定はできるよね。英語なら、The をつければいい。

(娘)そーか!

(私)でも、見えなくても名前がついてるものがあるって知ってる?

(娘)えー、どんなもの?

(私)勇気とか、愛とか、優しさとか。

(娘)それって、今までのものと違っているね。

(私)でも、ってものは、ある、よね。見えないけど。

(娘)うーん、難しいなー。

(私)あるって意味が、違うかも知れないよね。

【解説】

これは、哲学上の実在論と観念論に関わる問題である。この両者の違いを、大人的には、普段テキトーに使い分けているわけだけれども、突き詰めれば哲学上の基本問題になる。

その切り口として、日常の言葉、たとえば、「ある」の意味を根本的に掘り下げていく手法は、「分析哲学」の手法である。

そのテキストとして、J.ホスパーズの分析哲学入門、全5巻は絶対のお勧めである。日常の言語を体系的に整理できるので(パソコンにたとえれば、自分の頭をデフラグするようなものだ)、言葉に関する論理的センスを磨く上でとても効果的だと思う。

壮大な観念論の世界を体験したければ、当然ながら、プラトンの著作群である。華麗な超絶技巧を駆使した会話のやり取りは、いつ読んでも新たな発見がある。

子ども相手の対話編としては、「テアイテトス」がある。僕と娘との会話は、いわば、テアイテトスゴッコだったりする。

大人の魔法入門 その2 Spell/呪文を使う

正直、特定の言葉が、その意味を通じて自然界に直接作用する例を見たことがない。それは、まさに魔法であろう。けれど、こんなことがあった。

僕の仕事上、とある行政機関に申請をした。で、電話があった。つまり、申請は受け付けられないという件。

そこで、いろいろとやりとりをする中で、なら、法令根拠を示せと担当者。

では、と関連する民法の条文を伝えた。検討しますってことで、保留となったが、すぐにOKの連絡を受け、魔法のように申請の扉が開いた。

例外的な事案なので、当初当局は当惑したものの、このスペル(条文)を告げることで当局を動かすことができた。そもそも、公的な組織はスペルで動くものなのである。

焦点があいまいな事案なら、当局は対抗呪文=裁量権を使う例もあるけど。

よく、役所の窓口で感情的な大騒ぎしてる人がいるが、スペルを学ぶべきだと思う。

人の世の中、ある意味、言葉でできている。そのからくりの本質はロゴスと呼ばれている。

ロゴスには、宇宙の理法、って意味もあって、これは古代ギリシャ人の発案。

その直接の後継者たちは、天文学者や物理学者、数学者だ。それと占い師。

興味深いことに、ラテン語の数学者/mathematicusには、占星術師の意味もある。

スポーツ選手のその後と教養

浅田真央が引退、これは大きなニュース。引退といっても20代、定年退職の引退とは次元が違う、本人にとっても大問題。

このブログとしては、そこで教養問題になる。教養ってこういった転機こそ”実用的”だと思うんだ。

つまり、この社会ってどんなもの?自分って何者?これがこの場合の教養。

はっきり目標があった、そのための努力の術(すべ)もあった、”その”ために応援してくれる人もたくさんいた。こういった、「完成された構図」を脱構築しなくちゃならない。

そりゃ、僕だってその後を応援してるよ。でも、生き方=目標を決めるのは本人だ。名声ってものは、扱いの難しいアイテムなんだと思う。

頼りすぎたら、”過去の人”以上にはなれない、かといって使わない術はないだろう。

そこで、もうひとつの教養課題があると思う。

それは、自分にとっても幸せとは何か?これがアンカー(重要な判断基準)じゃないかな。

大人の魔法入門 その1アウラ/AURAの意味

それは、今日の日経新聞(春秋)にも載っている。

「並はずれた技量や信念を持つ人は、強いオーラを放っている」とその最初にある。

何か具体的な特徴など、客観的に伝えられるものではないが、それは心が深い部分で感じる重要な感覚である。

オーラとは英語訛の読みで、語源のラテン語では、アウラと読む。本質をつかむには、語源に遡ることが重要だ。辞書的には、輝き、微風、香などとある。

つまり、未分化の、だからこそ深い感覚の表現だ。心理的印象なのか、目に見えるか、肌で感じるか、それとも香なのかはその人次第。

どうしたらこの魔法的感性を高めることができる?

僕が思うには、知識に頼ってはだめだろう。なぜなら、それはかえって感性を鈍らせるからだ。これは知識(knowledge)ではなく、智慧(wisdom)の領域の問題である。

智慧とは、情報の蓄積ではなく、日常の中ではぐくまれる洞察力であると思う。その育み方は、真っすぐに人と関わる習慣、物事に丸ごとの感覚で向き合う姿勢ではないだろうか?

実際のところ、人を観ないで仕事を見るようなすれた大人ほど、難しい。権威、立場、体裁、損得その他世事への配慮がこの感性を阻むからだろう。

社会的成功例の典型みたいなエリートが、対人的判断を誤り、アホらしい失敗で世の中に報道される事例には、邪なアウラを読めなかったことが多いと感じる。

教養の宗教学 その5 カトリックとプロテスタント、テイストの違い

あくまで非信者の感覚であるが、僕的にはカトリックに親和性がある。その理由の一つは、多神教的要素があるから。プロテスタント的には、だからけしからん、となるポイントだ。

カトリックの施設を尋ねたなら、イエスだけでなく聖母マリアも崇拝の対象になっていると分かるはずだ。また諸聖人や天使たちも聖なるものとして、教義上は微妙であるが、神を仲介するものとしての崇拝の要素が強い。

こっちの方が、神仏の混淆した日本の土俗に親しんだ者として、性に合う気がする。

聖書の神は、父親原理を強烈に表現している。特に旧約聖書の神はコワい。悪い子たち(性的マイノリティーが主だが)のいる都市を丸ごと滅ぼしたりしている。

一神教の神とは元来そういうものだが、罰より受容の母性原理を聖なるものとして高めなければ、心のバランス的におかしいのではないか、だからカトリックは聖母を重視している。これは、C.G.ユングの見解だが、とても腑に落ちる。

その点、日本では、観音様信仰がこれに相応しているだろう。教義上、女性ではないけれど、その要素は多分にある。

以前こんなことがあった。

アメリカ人神父(つまりカトリック)と話していたとき、僕の志向に話が及んだが、彼は非常に興味を抱いた。「なんでカトリックの方が好き?」

答えていわく、「聖なるものがより構造化していることが魅力です」。

それなりに、深く通じた感じ。

逆説の社会史 その15 政治と呪術

韓国の大統領が、民間の友人に国家機密に関わる相談をした件で国中が揺れている。その”民間の友人”なのだが、この人って本質は”呪術師”なのだろう。

普通のことなら、直属の諮問機関があるはずだ。

政治と呪術、これは深いテーマで、日本史なら平安時代の陰陽師の活躍が思い浮かぶ。けど、陰陽師は民間人ではなく、れっきとした国家官僚なのでこんな問題にはならない。

韓国だからか?いや、日本の政治家もお抱えの呪術師(占い師の類)が憑いている、失礼、付いている人もいそうだ。

リーダー的な立場の人って、実に孤独であったりして、特別な力に頼ろうとする気持ちもあると思う。

中小企業の社長の立場にある人などの例ではよくある話である。れっきとした国家資格である中小企業診断士より、占い師や新興宗教の方が需要が大きいと推測する。

以前、僕が、ある社長の私室を訪問したとき、そこには大きな中国道教系の祭壇があって驚いた経験もある。まるでオカルト儀式の間であった。

電話帳で臨床心理士を探してもなかなか見つからないだろう。カウンセラーならそこそこいるけど、多くは”スピリチュアル系”であって呪術師の現代版である。世の中の人は、高度な学識より、霊能力の方を信用しているわけだ。基本、ズバリ言ってくれるし。

確かに、ロールシャッハテストで時間をかけて地味な診断するより、タロットカードでズバズバその場で伝えた方がうけるよね。

少年鑑別所、そこには多くのロールシャッハテスト使い(心理系国家公務員)が働いているけれど、タロットカード使いも採用したらどうなるだろう?

なんて、考えてしまうこの21世紀の現実。

逆説の社会史 その14 行きづまる日本のエリート

最近の事件をもとに書く。

最高の大学卒業、名だたる有名企業に就職、待っていたのは日々残業オリンピック参加とパワハラコーチ、結果20代で自殺。

僕の身近な例では、兄弟で同様なエリート境遇、結果、心を病み、どちらもずっとひきこもり。

高齢のお父さんいわく、「今頃は、孫と遊んでいたかった、、、」

一方、アメリカのシリコンバレーのエリートたちは、自由な服装、ソファーとかに座ってパソコンをたたき、創造力を発揮、家に帰れば家族で食事が当たり前。と、聞く。

アメリカの社会は陰の部分も濃いけれど、この差は一体どこから来ているのだろう。

日本の社会は、今、目の前にあるのだけれど謎だ。

社会を知る一つの手掛かりとして、社会史の変遷から今を浮き上がらせる手法もあると思う、だからこの社会史シリーズを続けている。

またこういった問題は、小学生の親としてもその対処は重要課題と思う。

子育てとは、巨大な長期投資なのである。お金ばかりでなく、人生そのものも費やしている。これは恐ろしいリスクだ。

少なくとも長期投資の大原則として、「市場の雰囲気に巻き込まれるな、地道に続けろ、分散しろ」がある。これは、子育てにもあてはまる。

逆説の社会史 その13 職場での旧姓使用認めず、の判決

日大の中高一貫校の先生が訴えた裁判の判決のことである。これは、そもそも学校の管理権の濫用だと思う。

その職場で、受け入れられていた名前がすでにあるのなら、職業人のアイデンティティを継続するうえでも、本人が望むなら旧姓使用を認めるべきだ。

アーティストの芸名、力士のしこ名など、職業直結の名前もある。また、郷里のある人なら、その地域での通称名がむしろ”真の名前”に相当する場合がある。

一方、近代的な法治国家なら、個人を特定しなければ法制度が成り立たない。なので、日本では戸籍制度があり、この”制度上の名前”が重大な権利義務関係を特定する。この先生も裁判上では戸籍名で呼ばれたはずだし、本人もこの立場での旧姓使用にこだわらなかっただろう。

歴史を学ぶ際、多くの人は歴史上の個人名がやたらと変遷することに困惑すると思う。ある意味、前近代国家は自由な社会であって、本人の希望と社会的役割場面によって名前を変えることが普通に行われてきたし、別名が並列することも同様だ。それは、合理的ですらあろう。

総括すると、社会の必要上定められた戸籍名はそれなりに重要だけれでも、一つの名前のあり方であり、必要以上に強いるべきではない。それは、法文化的に偏狭である。

当事者の日大系学園当局に嫌味を言おう。

日本大学の生んだ偉大な民法学者高梨公之先生は、古典と民俗文化に精通し、この基盤の上に民法理論を構築しておられた。先生なら、原告教諭の主張を受け入れたことだろう。

あと、ここまで読んでくれた方に一点ご注意。僕の論調は、原告側のリベラル派弁護士の「時代に逆行し不当」のような見方を敢えてさけていることに気づいてくれたらありがたい。

逆説の社会史 その12 ルネサンスと魔術

今日の日経、春秋の記事について。レオナルド・ダ・ヴィンチの有名な絵図なのだが、人の両手両足の広げ方によって、円と正方形に対応するというものがあり、その解釈は天と地を象徴するとされる。

この記事では、この図は、、、ルネサンス期の人間中心の価値観を示すものという、とある。

確かに教科書的には、宗教的に硬直した、抑圧的な?中世から、ヒューマニズムが開示されるルネサンスへ、とされるが、裏の側面もある。

それは、ルネサンス期こそ、ヨーロッパの魔術の全盛期でもあったという一面である。そしてその思想的裏付けは、新プラトン主義。当時のイタリアの名だたる名門一族たちは、この研究に熱心であった。

幾何学的な設計が宇宙の背後にあると考えるプラトン主義、そしてこの理法がこの地上の万物に”流出”していることを強調する思想は新プラトン主義である。

応用的に、天体の動きが、地上に影響を与え(インフルエンスし)、疫病の流行をもたらすのではないか、これってとても魔術的な発想であるが、インフルエンザという病名として名残をとどめていたりする。

もう少し穏当に、大いなるコスモス(大宇宙)の理法は、小さなコスモス(小宇宙)たる人体にもある、レオナルド・ダ・ヴィンチのあの絵図はむしろこの意味だと思う(このビジョンの広さが彼の天才性なのだろう)。

だから人間って素晴らしい、と考えることもできるが、近代的なヒューマニズムとは異質に感じる。

よく似た話として、近代科学の先駆者ニュートンの逸話がある。ニュートンの遺品を調べたら錬金術ネタばかりであった、、なんて話もある。

魔術師ニュートンの片鱗を都合よく解釈し、科学者ニュートン像が出来上がったのか?これは、科学史の興味深い課題であろう。

より以前の記事一覧

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ