« アイルランド曲集その3 Tam LinあるいはGlasgow Reel、そしてフィドルとは? | トップページ

アイルランド曲集その4 Inisheer/イニシュア

もし、貴方が「アイルランド観光最もおすすめの場所は?」というなら、アラン島かなっと僕は答える。

アラン島といっても、諸島であってイニシュモア、イニシュマン、イニシュアから成り立っている(イニシュが島の意味)。景観的にも、遺跡的にも、泊まるにもニシュモアが最適なのだが、イニシュマン、イニシュアは地味だが秘境的な魅力がある(正直、この2つは行ったたことがないけど、伝聞による)。
そして、この曲は、イニシュアのテーマ曲のようなものだろう。

https://www.youtube.com/watch?v=NuK3KG6lDn0

youtubeで拾ってみた。

たぶんこの人は、ブルターニュ系のハープ奏者、そして名乗っている名前はマリオンさん。ケルティック電子ハープの演奏をいくつかアップしている。セッションしてるもう一つの楽器は、ローホイッスルだ。

観ているうちにこの動画、ぎょっとするサプライズがある。

最初、「のどかに、平和に、海辺の夕暮れっていいよね、、」とか見てるうちにだんだん後ろの背景が明らかになってくる。

まさに船の墓場!複数横たわっている。骨組みだけのものなど(木造船かも?)、竜の骨格みたいだ。アイルランドでは心当たりないし、ブルターニュのどこかだと思う。

https://www.youtube.com/watch?v=Ffln6y8Pe3I

次の動画は、さらに複数楽器のセッションデビュー。こういったスローな曲は、みんなでそれぞれ練習して、初心者も歓迎で、集まって弾いてみよう!、、な、状況にあっている。楽器系サークルってところかな。

楽器がいろいろあって少し珍しい楽器は、ブズーキー。ビターとマンドリンの中間みたいな楽器で、繊細な音が特徴。本来はギリシャの楽器だが、アイリッシュにも使われるようになった。

みんな緊張気味だが、ホイッスルで始まり、ホイッスルで終わる演出は悪くない。

 

 

 

 

« アイルランド曲集その3 Tam LinあるいはGlasgow Reel、そしてフィドルとは? | トップページ

アイルランド音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« アイルランド曲集その3 Tam LinあるいはGlasgow Reel、そしてフィドルとは? | トップページ

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ