« ウェールズのこと その3 少数言語だから! | トップページ

ウェールズのこと その4 ドラゴン1

ウェールズ空港に着くと、沖縄のシーサーのように、 ドラゴン が迎えてくれる。

  Weles2  

アムステルダムからの経由入国だったが、入管職員が「なんでウェールズなのだ?」と問う。

「ドラゴンにたくさん会いたいから!」なんて、答えたら余計怪しまれたかも。

アムステルダム は、薬物に緩いところ、こんなイメージがあるらしい。これも、担当者が気にしたことかも知れない。

確かに、その筋なら、手ごろな空港にもなろう。

ともあれ、地方の小さな空港の風情である。ヒースローのような、殺気立った警備の雰囲気もない。

夏の静かな晴れた日、ゆるりとドラゴンの国に来た。

« ウェールズのこと その3 少数言語だから! | トップページ

ケルト文化圏」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ウェールズのこと その3 少数言語だから! | トップページ

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ