« 子どもとの会話 宇宙人の存在 | トップページ | イヤフォンする人、しない人 知覚の統合性について »

子どもとの会話 宇宙人の存在その2

私:で、チンパンジーは人とほとんど同じ、大腸菌だって結構ダブってる。DNAで見ればね。

娘:いきなり何の話なの?

私:宇宙人ネタの続きだよ。つまり、地球の生命って、そもそも元が同じで遺伝子の表現の仕方でこれだけ多様ってことだ。

とすると、地球外の生命は、「人」がどうだとかのレベルではなくて、ある意味大腸菌より別物、ということになる。知的生命体としても、「人」なんて”それを”とても呼べないだろ?

娘:まあね。理屈じゃそうだけど、結局知的生命体として、よその星に行けるくらいの文明を持つほどの生物なら人間型に”収斂”するって聞いたことあるよ。

私:収斂ってか?やるね。これもありってことで進めてみよう。

宇宙のどこかに地球と似た環境の星がある、、そして人類みたいなものが進化して宇宙に進出する文明レベルに到達する。

これだけ星があればね。確率的に認めよう。その意味で(形はこだわらないとして)宇宙人はいる、と認めよう。

娘:でしょ!

私:ついでに特別な科学力で、100億光年でも到達しうるとも仮定しよう。

ごめん、訂正を思いついた。さっきの話、正確には、「いる」というより、「いた」とか、「これからいる」、だけど。

娘:一体何を考えてるの、ブキミよ、その言い方。

私:ごめんな。お互いに接触できるほど、文明って長続きするのかってことだ。

宇宙レベルの時間感覚でいえば、今の人類史なんて一瞬のキラッの1万分の一だよ。

この人類を基準にすれば、核兵器増えまくり、環境汚染深刻、ホーキンス先生はAIが人類滅ぼすと言ってたし、文明存続のネガティブ情報が増え続けてる。そう考えると、お互いに確率的に同時に存在できないため、別な人類=宇宙人に出会える可能性はまずない。

 

 

 

« 子どもとの会話 宇宙人の存在 | トップページ | イヤフォンする人、しない人 知覚の統合性について »

思想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 子どもとの会話 宇宙人の存在 | トップページ | イヤフォンする人、しない人 知覚の統合性について »