« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »

2019年6月

子どもとの会話 宇宙人の存在その2

私:で、チンパンジーは人とほとんど同じ、大腸菌だって結構ダブってる。DNAで見ればね。

娘:いきなり何の話なの?

私:宇宙人ネタの続きだよ。つまり、地球の生命って、そもそも元が同じで遺伝子の表現の仕方でこれだけ多様ってことだ。

とすると、地球外の生命は、「人」がどうだとかのレベルではなくて、ある意味大腸菌より別物、ということになる。知的生命体としても、「人」なんて”それを”とても呼べないだろ?

娘:まあね。理屈じゃそうだけど、結局知的生命体として、よその星に行けるくらいの文明を持つほどの生物なら人間型に”収斂”するって聞いたことあるよ。

私:収斂ってか?やるね。これもありってことで進めてみよう。

宇宙のどこかに地球と似た環境の星がある、、そして人類みたいなものが進化して宇宙に進出する文明レベルに到達する。

これだけ星があればね。確率的に認めよう。その意味で(形はこだわらないとして)宇宙人はいる、と認めよう。

娘:でしょ!

私:ついでに特別な科学力で、100億光年でも到達しうるとも仮定しよう。

ごめん、訂正を思いついた。さっきの話、正確には、「いる」というより、「いた」とか、「これからいる」、だけど。

娘:一体何を考えてるの、ブキミよ、その言い方。

私:ごめんな。お互いに接触できるほど、文明って長続きするのかってことだ。

宇宙レベルの時間感覚でいえば、今の人類史なんて一瞬のキラッの1万分の一だよ。

この人類を基準にすれば、核兵器増えまくり、環境汚染深刻、ホーキンス先生はAIが人類滅ぼすと言ってたし、文明存続のネガティブ情報が増え続けてる。そう考えると、お互いに確率的に同時に存在できないため、別な人類=宇宙人に出会える可能性はまずない。

 

 

 

子どもとの会話 宇宙人の存在

娘:宇宙人っていると思う?

私:そこなんだ、この場合の「人」ってどんなものが人なんだい?

娘:またきた、ほんと素直じゃないね。

私:最初が肝心だ。言葉で答えてくれたまえ。人といえるのはどんなもの?

娘:言葉を話して、、、立ってあるいて、、

私:妖怪みたいなのでもいいのかね?

娘:そう言われると困るなー。でも、今っぽい服とか、未来っぽい服着てたら人でしょ。

私:昔の絵に描かれた妖怪だって、今は普通の服を着てるかも知れないよ。宇宙服みたいなファッションが好きなのもいるかも。

妖怪ウォッチには、ほぼ宇宙人のイメージの妖怪も出てるぞ。

娘:でもやっぱ、宇宙人の方が、妖怪よりリアルなものでしょ。そうそう、科学的な。

私:こんな説明はどうだい?昔の人は妖怪をリアルに感じていた。今ほど、科学が発達していなかったから。今の人たちは、科学を信じているので、妖怪はリアルでなくなり、その代わり宇宙人がリアルになった。

結局、たとえ同じものであっても、その時代背景によって、妖怪と解釈されたり、宇宙人と解釈されたりしうる。

 

子どもとの会話 妖怪の存在

娘:妖怪っているの?

私:うちの、かまちゃんやかぶちゃんみたいには「いない」ね。

(うちで飼っている虫たちのこと)

娘:もし見たら信じる?

私:見るだけで「いる」ことになるのか?

娘:確かに、それだけじゃね、、。

私:そうなんだ、「いる」とか、「ある」ってことどうやったら確実にできるのだろうね。

いや、「いる」とか、「ある」 って実際いろいろなパターンがあるんじゃないかな。

娘:うーん。けど、昔の人は妖怪を信じていたよね。

私:かなり本気で信じていた人は多かったと思うよ。文献があるし。

娘:いなくなったとしたら?

私:そういう説明もアリだけれど、そのころとは、信じる背景が変わってしまったと思うよ。

今は、妖怪より宇宙人を信じている人が多くなったみたいだね。将来は、また別物になったりして。

 

 

子どもとの会話 エロス神の降臨

(やれやれ、くそ面倒な思春期か、、)

娘:「エッチ」と「エロ」の違いって何?

私:エッチの元の由来は知らないけど、エロならわかるよ。元々、「エロス」っていう古代ギリシャの神様の名前だよ。

娘:その神様ってヤバくない?

私:ってどんな神様想像してるんだか。理想、真理、美とかに憧れ、近づこうとする強い気持ち、つまりこれこそピュアな愛とされていたのだけれど、この気持ちを具現化した神様なんだ。

昔、ギリシャのアテナイという国で、この神様について議論をしあった記録も残されているよ(実際は、ほぼプラトンの創作で「饗宴」と記されているもの)。なんなら、うちにもこの記録があるから後で見せてあげてもいい。

娘:へー、今とずいぶん意味が違ってるね。

私:このころにくらべ、人類はずいぶん知的に退化したからね。

(補足)

最近、ほぼ最高度な学歴を有し、かつ、民間人としてほぼ最高度な社会的地位を有する日本人(立派な学歴の衆議院議員)が、こともあろうに、北方領土を公の立場で訪問中、夜中にこの神様(かなり劣化してる)に取り憑かれ「性的買い物」に行くと騒いだ事例がある(世界の注目)。古典的教養の重要性がよくわかる例。

 

 

 

人間化する機械と機械化する人間

最近の新聞記事の件。外国人向けの公共的な表示なのだが、スゴイ英語翻訳が結構あるらしい。

例1 小人→dwarf

例2 3両目→eyes3

例1、でいえば、日本はファンタジーワールド?この場合、小人とはしょうにん、で、こびとではないだろう。 子ども料金の表示の中の表現だとおもう。日本の街中に、白雪姫を助けるようなこびと族が身近にいるとは思えない。

普通は、小学生以下をどうやって翻訳するか、が問題(国によって学校制度が違うから意外に難しいけど)。

例2、でいえば、肉眼のことではない、列車の乗り方ことだろうから、Trainの列車ではなく、個々の車両って何といえばいいのだろうか?と普通考える。

これらは、英語力とかの問題ではなく、機械的翻訳をチェックする人がだれもいなかった、その必要も考えてなかったことが問題なわけだ。印刷物や掲示板に載せるのだろうから変更が大変だ。

言葉の意味はその背景から推測しようとするわけだし、こういった感覚は本来人間的なものだ。でも、機械化してしまった人が増えているのだろうか。

だからAI!ってことで対処。それはそうかもしれないが、ますます人間らしい思考力が低下していくことだろう。

今日の新聞記事によると、

「全学生をAI人材に」、なんて記事がある。AIを使いこなし、できれば開発しうるグローバルリーダーを育成しちゃうって理念なのだが、そもそも難しいことはAI任せの風潮の中で、大学の存在意義自体が怪しくなっていると思う。

AIが人間を超えるとき、世の中どうなってしまうか?と、心配するのもいいけど、意識して人間的であり続けることがもっと大切だと思う。

 

« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »