« 西浦田楽、田峯田楽の国立劇場公演 | トップページ | 幼児の経験世界 園庭とお散歩 »

PTAと日本の社会、ボランティアの本当の意味

朝からメールが携帯電話に入る。その趣旨は、「明日、子どもにPTA会費を持たせるべし」。

もちろん、持たせる。が、支払を怠ったとしてもPTAから退会を強いられることはない。というか、任意団体という発想が欠落している。

新学年が始まると、子どもがPTA役務の申し込み用紙を持ってくる。通年のPTAの役職、これは6年間に一度が「義務」とされ、毎年就く必要がないものの、より軽微な役務として、子どもの農作業を手伝えとか、盆踊りを運営せよとか、その他学校間のイベントを手伝えとかである。

それらが、良いこととは理解している。つまり、しないより、した方が望ましいという意味で。しかし、人件費の予算、のような歯止めがない。

ここで、僕なりに信じる健康な見解を述べておきたい。

保護者が、子どもをきちんと学校に通わせ、狭義の勉強以外に、学校主体の運動会とか遠足とかにも保護者なりの関与をすることは義務である。

しかし、PTAがPTAの名のもとに行うオプション的な活動は、ボランティア活動である。

さて、、、ボランティアの意味なのだが、今の日本では、「タダ働き」の意味が前面にあるようだ。そこで、このサイトらしく語源を確認しよう。

その語源は、ラテン語のVolo~私は望む、である。つまり、自ら「それ、私やりますよ!」って気持ちが重要なのだ。

ところがPTAなどでは、極めて念入りに、全ての関係者に、有無を言わせず、できる限り均等に役務を割り振る仕組みが確立している。

これ自体、社会学の研究対象になりそうだが、それはさておき苦役の度合いが高まっていると思う。

PTA って、一見洋物だが、日本古来の村落共同体を基盤にしたものだろう。それは、等質な家庭の集まりを前提条件にしていた。また、戦後昭和の時期には、専業主婦の活躍も期待できた。

だからうまく動員できたのだが、共働きの家庭、一人親の家庭、日本的な暗黙の前提にうとい外国人の家庭なども昭和の時代に比べぐっと増えている。だからいつまでも昔ながらってわけにはいかない。

学校の教育現場も大変だ。いじめを根絶するために道徳教育、グローバル化だから英語教育、日本の伝統を見直す教育、地域とのつながりを深める活動、自然にもっと触れ合おう、、続々課題が増え、子どもたちのランドセルは重くなるばかり。PTAへの期待も大きくなる。

さてどうなるPTA。根本的な発想の転換が期待される。

おまけの話。以上に関連し、スマホの普及は、生活の利便性に貢献しているというより、より仕事を増やすことに活用されている。動員に便利だからね。

 

 

 

« 西浦田楽、田峯田楽の国立劇場公演 | トップページ | 幼児の経験世界 園庭とお散歩 »

時事問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 西浦田楽、田峯田楽の国立劇場公演 | トップページ | 幼児の経験世界 園庭とお散歩 »