« A.E.ハウスマンの詩集 シュロップシャーの若者 から | トップページ | 書評1 子どもの読書 「ソフィーの世界」 »

子どもとの会話 論理階系をずらす

(久しぶりにシリーズ再会)
娘:おとーさん、超能力を一つ使えるようになるとしたら、どんな超能力がいい?
やれやれ、”斉木楠雄のΨ難”見すぎだよ
私:超能力を無効化する超能力!
娘:こわっ!
ところで、
新聞で読んだ。天才少年が人工知能の開発に関わる話だ。
人工知能が、天才が関わらなくてもより高度化していく傾向に変わりはない。
産業的利権が関わっているからだ。
”天才”と呼ばれる人たちは、これを加速するだけである。
単純にいえば、できなかったことを、できるようにしていく。より早く、できるようにしていく。
で、その先に、何があるか?
こういった月並みな”天才”、というのも変だが、もっと面白い天才が現れないかな?
人工知能・AIの効果を無効化する天才とか。
とてもイメージできないが、だから本当の天才なんだ。
PS:先の私の答えは、あとで考えてみたところ、藤崎竜の封神演義、老子のパオペエがネタ元だったかも。

« A.E.ハウスマンの詩集 シュロップシャーの若者 から | トップページ | 書評1 子どもの読書 「ソフィーの世界」 »

思想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 子どもとの会話 論理階系をずらす:

« A.E.ハウスマンの詩集 シュロップシャーの若者 から | トップページ | 書評1 子どもの読書 「ソフィーの世界」 »