« ラテン語の世界 その40 愛の形、AmorとCaritas | トップページ | A.E.ハウスマンの詩集 シュロップシャーの若者 から »

子育ての技法 その10 Sensory Awareness/センサリーアウェアネス

夜、帰宅途中で子どもを塾に迎える。そして、徒歩で帰る。
近頃、こんな遊びをせがむようになった。
「目を閉じて家まで帰るので、誘導してほしい。」
で、こちらの肩に手を載せたままで歩く。
子ども的には、今、どこを歩いているかを言い当てる遊びだったが、もう一ひねりしてみた。
Sensory Awareness/センサリーアウェアネスの技法的応用である。
そもそも、第一に体感することは、信頼感である。
それは、信頼をゆだねること、信頼を受け止めることだ。
そして、感覚が研ぎ澄まされるように誘導する。
一瞬頬をなでる風の形
雨音が、地面の状態でどのように異なるか
キャベツ畑の脇を通り過ぎるときの土のにおい
道路の微妙な高低の差と誘導サイン
視覚を制限するから感じられる、この世界の姿がある。
今改めて感じ直すリアル。

« ラテン語の世界 その40 愛の形、AmorとCaritas | トップページ | A.E.ハウスマンの詩集 シュロップシャーの若者 から »

心理学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 子育ての技法 その10 Sensory Awareness/センサリーアウェアネス:

« ラテン語の世界 その40 愛の形、AmorとCaritas | トップページ | A.E.ハウスマンの詩集 シュロップシャーの若者 から »

2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ