« 植松被告と天網工程 | トップページ | 奥三河 田峯田楽レポートと小学校のこと »

ラテン語の世界 その37 空港の碑文(文明の基礎)

ラテン語を一言でたとえるなら、「文明のプログラム言語」の一つ。
たとえば、空港は重要な社会インフラだが、羽田空港には、ラテン語で碑文が埋め込まれている。
2
来る者たちに平和を
去る者にたちに安全を、とある。
ほとんどの旅行者は、気づかないだろうが、ラテン語ならではの強力な祈りの呪力を感じる。
 

« 植松被告と天網工程 | トップページ | 奥三河 田峯田楽レポートと小学校のこと »

ラテン語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ラテン語の世界 その37 空港の碑文(文明の基礎):

« 植松被告と天網工程 | トップページ | 奥三河 田峯田楽レポートと小学校のこと »