« 三河紀行 その3 田峯の紅茶 | トップページ | ラテン語の世界 その35 イタリア語 »

寝入りの技法 その1 波音

波音、もちろん、生音なら申し分ないが、CDならあったりする。就寝時に無音であるのはかえって寝づらいので、CDを流したりもするわけだ。

こういった自然音は、雑音といえば、雑音なので、当然ながらメッセージ性はない、気まぐれだが、リズムがそれなりにある。つまり、意識を高めることなくぼんやり聞いていられる。これがいいのだろう。

擬音語では、「ザー」、「サラサラ」、「ザブン」とか、さ行で始まる音が中心になる(尾崎織女さんの記事から)。

買い物のレジでもらうビニール袋があるが、赤ん坊がぐずる時、これを「シャリシャリ」鳴らすと、落ち着かせることができることが多い。

これも、さ行の音感。

これらの音は、胎児が母の胎内で聞く音を想起させる? って、話がある。

« 三河紀行 その3 田峯の紅茶 | トップページ | ラテン語の世界 その35 イタリア語 »

心理学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 寝入りの技法 その1 波音:

« 三河紀行 その3 田峯の紅茶 | トップページ | ラテン語の世界 その35 イタリア語 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ