« 暗殺者ディートリッヒと北朝鮮 | トップページ | 三河紀行 その3 田峯の紅茶 »

ローマ帝国の崩壊と水爆、あるいは水爆と預金通帳

北朝鮮が水爆実験をしたので、いわゆるテールリスクについて書く。

例によって話が飛ぶが、ヨーロッパ史には、大きな断絶がある。それは、西ローマ帝国の崩壊と文明の再構築である。

文明の再構築には、情報を保管しておく必要がある。当時は、羊皮紙に書き残す程度の手段しかなかったわけだが、それなしに安定した物的媒体であった。

帝国の崩壊に直接巻き込まれなかった当時のアイルランド、それは、ローマの領土でなかったさいはての地だったから。

ここに、多くの文献が運び込まれたそうだ。このような媒体を基に、ヨーロッパの文明再編が始まる。(このブログの名称にある”エリウゲナ”はこの活動した人名)

ところで、現代の文明は、電磁的記録を基盤として成り立っている。この情報は、格段に利便性に勝るが、ただ、強い磁力で容易に破壊されうる点では脆弱だ。

核兵器の破壊力は、爆風、、熱線、放射線のみではなく、電磁波もある。これは、より広範囲に影響がある。

つまり、直接落ちなくても、私たちの生活基盤は、相当に破壊されうる。ごく身近な例でいえば、パソコン、スマホのデータが消える、ということ?このブログも、みなさんとさよならとなる。

個人レベルで対処するには、ベタに、重要な情報は、書き留めるとか、CDに焼き付けるとか、日ごろ奨励される習慣だと思う。もちろん震災同様に、ライフライン途絶も考慮しなくてはならないだろう。

銀行の預金情報って、どうなっているのだろうね。それなりに保全管理がなされていると思うけど。個人的には、通帳にこまめに記帳する習慣が必要と思う。だって、払い戻しの請求に際し、明示された最近まで残高と、本人の言い値とどっちが優先という話だ。

どの道、自身の資産の流れに気を留めておく習慣はそうでなくてもお勧めである。

というわけで、今日の話は、ローマ帝国から貴方の預金通帳に落とし込んで完了。

« 暗殺者ディートリッヒと北朝鮮 | トップページ | 三河紀行 その3 田峯の紅茶 »

時事問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/448947/71609864

この記事へのトラックバック一覧です: ローマ帝国の崩壊と水爆、あるいは水爆と預金通帳:

« 暗殺者ディートリッヒと北朝鮮 | トップページ | 三河紀行 その3 田峯の紅茶 »