« 心の防衛術 その3 空気を読まない勇気 | トップページ | おじいさんの革命戦士 »

大人の魔法入門 その3 錬金術

日経平均が、2万円を突破した。この先、大事が無ければ意外と跳ぶかも知れない。すると、強欲な人たち、すなわち、「元本割れ」を恐れ、多額の預金を抱えこんできた人たち株式投資とかを始め、手のひらを返すように、「やっぱり株よ!」とか、錬金術の成果を誇示するようになるだろう。これが社会が妖しい魔法に翻弄されだした兆しの一つである。

このとき錬金術師の必須のアイテム、”賢者の石”があるならば、この石が危険を警告してくれるはずだ。

そもそも、金融とは、社会の制度と人の心が織りなす巨大な魔法空間なのである。

預金が一見安全に見えることも、この魔法の成果、それも強力な成果である。たとえば、株式は、刻々と取引によって価格が変動するわけで、その価格自体にはリアルな根拠がある。一方、預金は、あくまで額面であるが、そのように、制度的に決められたのでそうなのである。

いかに額面が守られたとはいえ、この魔法が、背後から破られる事態は、おおむね2ケースだ。一つは、為替、もう一つは、インフレ・デフレである。

デフレになれば、預金が同じでも、より多くのモノが買える。インフレなら、その反対。

今の日銀は、インフレに誘導しようとしているが、なかなか効果が出ないので、”劇薬魔法”で一気にカタを付けようとする傾向にある。

しかし、インフレに収支がつかなくなるのでは、と、危惧する声も大きい。

かの大日本帝国が崩壊したとき、預金、国債の価値がどうなったか、実感を持っている人は少ない。

世界情勢的に、明日までの日常と今の日常が非連続的であることは、十分にありうる。

日本の財政も深刻だ。前、日銀総裁は、「金融環境は非連続的に変化しうる」と、言葉を残して去っていった。

金融の賢者の石は、こう告げる。

先の見えることは見えないこと

守ることは攻めること

分けるは得るの始まり

破滅は機会

進むは引くの始まり、引くは進むの始まり

魔法にかからないことが、かけること

矛盾を進めば、道ができる

前を見ないで後ろを見て進め

« 心の防衛術 その3 空気を読まない勇気 | トップページ | おじいさんの革命戦士 »

思想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/448947/70743352

この記事へのトラックバック一覧です: 大人の魔法入門 その3 錬金術:

« 心の防衛術 その3 空気を読まない勇気 | トップページ | おじいさんの革命戦士 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ