« ゲール語のテイストを学ぶ その12 ケルト語 | トップページ | ティン・ホイッスル入門 その3 耳をすませば »

豊田議員の精神分析

この録音は、非常に重要なサンプルである。

シリウス ブラックいわく(本の中で読んだ記憶にあるもの)、

「その人がどんな人を知りたければ、立場の弱い者を扱いを見ればいい。」

こうして、シリウスは、ハリー・ポッターに人の本質を見抜く術を教えている。魔法ではない。

録音の中で重要な点は、相手を心理的にいたぶることそれ自体を、多様な表現を使い意図していることだ。

ただの癇癪ではなく、無頓着で病的な底意地の悪さがある。

表裏を使い分ける気苦労や、野放図な自己の暴言に良心の責を感じていない印象を受ける。病的と表現したけれど、このような心性は、その分思い煩うこともないわけで、ある意味実務的有能さを発揮できる面もあろう。

それは、多様な課題を処理し、目標に向かって進むうえで、効率的だ。事実、ダントツのエリート道だった。

けど、有能さとは、人によって異なるが、何を切り捨てるかの問題でもありうる。

今回の事案は、有能さの陰の部分が、本人にとって予期せぬ形で顕在化したものと考える。

えぐい表現だが、人心を読み、操作できなければ、選挙に勝利できない。当然、その能力には長けていたはずなのだが、責め苛まれた人に”素朴”に共感することは苦手だったようだ。社会的な地位、肩書、賞讃は、時としてこういった感性を鈍麻させうる。

C.G.ユングは、できすぎた人の深い陰の部分に言及しているが、これはその好例だろう。彼の原型論的には、シャドー、ペルソナとの関連となる事例と解釈できそう。

我々凡人的には、思いやりを忘れず、あれこれ悩みながら生きていればいいのだけどね。孔子だって、一日三回反省したそうだから、凡人はもっと多くていい。

« ゲール語のテイストを学ぶ その12 ケルト語 | トップページ | ティン・ホイッスル入門 その3 耳をすませば »

心理学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/448947/70999457

この記事へのトラックバック一覧です: 豊田議員の精神分析:

« ゲール語のテイストを学ぶ その12 ケルト語 | トップページ | ティン・ホイッスル入門 その3 耳をすませば »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ