« 今日の警告、明日への備え その2 安倍首相のアウラ | トップページ | 豊田議員の精神分析 »

ゲール語のテイストを学ぶ その12 ケルト語

よくある質問で、”ケルト語で○○はなんと言う?”

これは答えようがない。と、いうのは、ケルト語というのは、大きなひとくくりのグループだから。アイルランド語、ウェールズ語、ブルトン語ならうちの辞書で対応できるけど。

詳しくご説明すると、

インド・ヨーロッパ系の言語のグループがあって、その中にラテン系、ゲルマン系とかあって、その一グループがケルト系(語)。

なので、ケルト語は、英語というような特定の言語ではない。

で、ケルト系の中にも2系統あり、

ブルトン語、ウェールズ語、コンウォール語(絶滅)

と、アイルランド・ゲール語、スコットランド・ゲール語、マン島語(絶滅)がある。

一言でいえば、存亡の危機にある言語だが、かつては古代ヨーロッパを席巻したケルト人の言葉でもある。

ケルト人は、シーザーのガリア戦記にあるように、ローマ帝国に征服され、ゲルマン系に追いまくられてきた経緯がある。ケルト語の歴史をたどると、ヨーロッパ史の別の視点も見えてくる。

関連するその軋轢は今もある。北アイルランド紛争がそれだ。

ケルト語を学ぶと、古代ヨーロッパの香りがある?アイルランド・ゲール語には、ラテン語に良く似た語彙が残されているし、ラテン、ギリシャに次ぎ古典文献も多くのこされているそうだ。

テイスト的には、言葉の繋がりと発音を意識した言語である。たとえば、フランス語のような流麗さが文法の構造に組み込まれている。

アイルランドには、語り部、吟遊詩人の文化があるけれど、これはケルト語の特性に関連しているのでは?

一般に、フランス語は、ラテン系の言葉に分類されるけれど、その源をたどれば、ローマ帝国滅亡後に、ラテン語と土着のケルト語が混ざり合った経緯がある。

フランス語を特徴づけるリエゾン、アンシェヌマンなどの流れ重視の言葉の読み方は、ケルト語由来なのかも?

« 今日の警告、明日への備え その2 安倍首相のアウラ | トップページ | 豊田議員の精神分析 »

ゲール語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/448947/70989589

この記事へのトラックバック一覧です: ゲール語のテイストを学ぶ その12 ケルト語:

« 今日の警告、明日への備え その2 安倍首相のアウラ | トップページ | 豊田議員の精神分析 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ