« スポーツ選手のその後と教養 | トップページ | 大人の魔法入門 その2 Spell/呪文を使う »

小学生と道徳教育 基本的な共感性の視点から

土曜日に授業参観があった。「うちの子はマトモにやってるか?」ってそれは重点だが、環境を丸ごと見てみよう。

窓辺に植木鉢が二つ、そこに花が咲いている。とはいえ、どちらも水切れで瀕死の状態。私的には、悲鳴が聞こえそうだ。沈黙の命が、多くを語ることがある。

先生も大変だ。これだけの保護者の視線にさらされて、授業を行う重圧。

一方、この偏屈な保護者は、植物の悲鳴に気がついてしまった。

いまどきの小学校の重い課題は、道徳教育とか、いじめ対策だろう。どちらも微妙な価値観の調整がある。

社会規範をたたき込む方策もアリだが、形式的規範に言いなりになるだけでは、教育というより調教であろう。それに実質を求めるなら、思いやる感受性の問題になりはしないか?

例えば、子ども同士のからかいは、子どもの”自然”ではあるが、行き過ぎれば、心ない嫌がらせとなる。その一線を越えないために、相手の心情への感受性が必要だ。

そういえば、いまどきの小学校は、動物の飼育小屋が廃墟になってる例が多い。いろいろ管理上の問題もあろうが、惜しいことだと感じる。

個人的見解として、政治的主張を織り込んだ文系的教育論は、今話題のなんとか学園の例のように胡散臭く感じる。一方、”人間以外の命ある対象を適切に扱うことは、人の道徳性の涵養に関連性があるか”、と問うなら、これは科学の対象でもある。

そして、後日譚。

うちの子は、植物水やり係だった!

水やりといっても、屋外で管理している植物なので、分かっているけど、しなかった、、、、

で、泣きだした。規則と良心の狭間か。

「いいことは、気持ちのままにすればいいんだよ」と教える。

« スポーツ選手のその後と教養 | トップページ | 大人の魔法入門 その2 Spell/呪文を使う »

心理学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/448947/70362789

この記事へのトラックバック一覧です: 小学生と道徳教育 基本的な共感性の視点から:

« スポーツ選手のその後と教養 | トップページ | 大人の魔法入門 その2 Spell/呪文を使う »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ