« D.トランプの精神分析 その2 トリックスター | トップページ | 大人の魔法入門 その1アウラ/AURAの意味 »

動物行動学 その2 小鳥たちのバレンタイン

人間だったら”義理”もあるけれど、小鳥たちはそんな余裕なし。この時期、餌が少ない中で、春の繁殖期に向け本命パートナーを探さなければならないからだ。

うちの食卓のすぐ外に、通年稼働のささやかなえさ場がある。スズメは群れになってくる。メジロはつがいでやってくる。そして最近では、ヒヨドリも来る。

このヒヨドリが問題だ。と、いうのは他の鳥たちを執拗に追い払うから。

ジャイアンとのびたその他の関係か?いや、それは擬人化のしすぎである。ヒヨドリとスズメの違いは、生物レベルでは、人間とチンパンジーの差よりはるかに大きい。

で、このヒヨドリだが、とにかく気合が入っている。えさ場を守るべく、近くの塀の上で見張っているが、一仕事終えると、羽毛を逆立て、口は半開き、ぶるぶる体を震わせている。これは、擬人化ではない、彼(たぶん)は、興奮が収まらないのだ。

あるとき、なんと、もう一羽連れてきた。パートナー候補か?

人間だったら、こう言ってるかも。

「僕の守ってるえさ場だよ、雛たちが生まれても食べ物に心配ないよ」

擬人化しすぎか?でも、本質的には、的を外していないかも。

しかし、、こんな金きり声を上げる鳥が、家族ぐるみ毎朝訪問されても困るなぁー。

« D.トランプの精神分析 その2 トリックスター | トップページ | 大人の魔法入門 その1アウラ/AURAの意味 »

博物学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/448947/69596623

この記事へのトラックバック一覧です: 動物行動学 その2 小鳥たちのバレンタイン:

« D.トランプの精神分析 その2 トリックスター | トップページ | 大人の魔法入門 その1アウラ/AURAの意味 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ