« 逆説の社会史 その13 職場での旧姓使用認めず、の判決 | トップページ | 逆説の社会史 その15 政治と呪術 »

逆説の社会史 その14 行きづまる日本のエリート

最近の事件をもとに書く。

最高の大学卒業、名だたる有名企業に就職、待っていたのは日々残業オリンピック参加とパワハラコーチ、結果20代で自殺。

僕の身近な例では、兄弟で同様なエリート境遇、結果、心を病み、どちらもずっとひきこもり。

高齢のお父さんいわく、「今頃は、孫と遊んでいたかった、、、」

一方、アメリカのシリコンバレーのエリートたちは、自由な服装、ソファーとかに座ってパソコンをたたき、創造力を発揮、家に帰れば家族で食事が当たり前。と、聞く。

アメリカの社会は陰の部分も濃いけれど、この差は一体どこから来ているのだろう。

日本の社会は、今、目の前にあるのだけれど謎だ。

社会を知る一つの手掛かりとして、社会史の変遷から今を浮き上がらせる手法もあると思う、だからこの社会史シリーズを続けている。

またこういった問題は、小学生の親としてもその対処は重要課題と思う。

子育てとは、巨大な長期投資なのである。お金ばかりでなく、人生そのものも費やしている。これは恐ろしいリスクだ。

少なくとも長期投資の大原則として、「市場の雰囲気に巻き込まれるな、地道に続けろ、分散しろ」がある。これは、子育てにもあてはまる。

« 逆説の社会史 その13 職場での旧姓使用認めず、の判決 | トップページ | 逆説の社会史 その15 政治と呪術 »

思想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/448947/67946068

この記事へのトラックバック一覧です: 逆説の社会史 その14 行きづまる日本のエリート:

« 逆説の社会史 その13 職場での旧姓使用認めず、の判決 | トップページ | 逆説の社会史 その15 政治と呪術 »