« 子育ての技法 その5 新聞を読ませる | トップページ | 子育ての技法 その6 小学生の漢字学習 »

逆説の社会史 その12 ルネサンスと魔術

今日の日経、春秋の記事について。レオナルド・ダ・ヴィンチの有名な絵図なのだが、人の両手両足の広げ方によって、円と正方形に対応するというものがあり、その解釈は天と地を象徴するとされる。

この記事では、この図は、、、ルネサンス期の人間中心の価値観を示すものという、とある。

確かに教科書的には、宗教的に硬直した、抑圧的な?中世から、ヒューマニズムが開示されるルネサンスへ、とされるが、裏の側面もある。

それは、ルネサンス期こそ、ヨーロッパの魔術の全盛期でもあったという一面である。そしてその思想的裏付けは、新プラトン主義。当時のイタリアの名だたる名門一族たちは、この研究に熱心であった。

幾何学的な設計が宇宙の背後にあると考えるプラトン主義、そしてこの理法がこの地上の万物に”流出”していることを強調する思想は新プラトン主義である。

応用的に、天体の動きが、地上に影響を与え(インフルエンスし)、疫病の流行をもたらすのではないか、これってとても魔術的な発想であるが、インフルエンザという病名として名残をとどめていたりする。

もう少し穏当に、大いなるコスモス(大宇宙)の理法は、小さなコスモス(小宇宙)たる人体にもある、レオナルド・ダ・ヴィンチのあの絵図はむしろこの意味だと思う(このビジョンの広さが彼の天才性なのだろう)。

だから人間って素晴らしい、と考えることもできるが、近代的なヒューマニズムとは異質に感じる。

よく似た話として、近代科学の先駆者ニュートンの逸話がある。ニュートンの遺品を調べたら錬金術ネタばかりであった、、なんて話もある。

魔術師ニュートンの片鱗を都合よく解釈し、科学者ニュートン像が出来上がったのか?これは、科学史の興味深い課題であろう。

« 子育ての技法 その5 新聞を読ませる | トップページ | 子育ての技法 その6 小学生の漢字学習 »

思想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/448947/67795095

この記事へのトラックバック一覧です: 逆説の社会史 その12 ルネサンスと魔術:

« 子育ての技法 その5 新聞を読ませる | トップページ | 子育ての技法 その6 小学生の漢字学習 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ