« 妖怪ウォッチGoはありうるか? | トップページ | 逆説の社会史 その11 慶應義塾の成功 »

子育ての技法 その2 昆虫採集

世の中がポケモン採集に熱中する中、近所の子どもたち(1~2年生)を連れて、公園で昆虫採集する。

昆虫採集は子どもの楽しみ、、それは過去の常識だったのかも。現在の小学生を基準にすると、親世代もあまり経験がなさそうだ。

過去の人類のほとんどは狩猟採集民である。なので、自然の中で生物を捕獲することは、人間の本性に根差しているし、またその喜びも大きい。

その最初の一歩は昆虫採集だと思う。

その本質は、昆虫それぞれの特性をつかむ知力、網を扱う臨機応変の身体技、捕獲した昆虫を扱う倫理性である。

初めて捕虫網で蝶やセミを捉えた子どものときめきぶりには、大人的にも感動ものである。念願のクロアゲハを捉えた子どもの誇らしげな表情も見た。

セミの羽化にも立ち会った。

「ダメだ、触るな」と警告する。うっかり不自然な力を加えると、体がゆがんだまま固定されてしますからだ。

「この子は、君たちの年齢と同じくらい土の中にいたのだよ。やっと、今飛べるようになるんだ、だから邪魔をしてはだめだよ」、と教えれば、子どもも納得する。

最後のお開きでは、虫かごの虫たちを逃がしてやる。セミは一匹づつつかんで空に放ってやる。すると子どもたちも、解放感を共有する。

問題は、クロアゲハ。「お母さんに見せてから逃がす」と、その子はこだわる。この条件を守ると、堅い約束を子ども同士で確認していた。

参考までに、この公園の蝶の捕獲難易度レベルを御披露する。

レベル1 シジミチョウ

レベル2 ジャノメチョウ

レベル3 アゲハチョウ

レベル4 クロアゲハ

レベル5 アオスジアゲハ

おっと、宿題だ。

「今日見つけた虫を、学校の図書館でも確認しなさい」

現物→文献検索、これも重要である。

« 妖怪ウォッチGoはありうるか? | トップページ | 逆説の社会史 その11 慶應義塾の成功 »

心理学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/448947/66675416

この記事へのトラックバック一覧です: 子育ての技法 その2 昆虫採集:

« 妖怪ウォッチGoはありうるか? | トップページ | 逆説の社会史 その11 慶應義塾の成功 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ