« サボテンと心理分析 | トップページ | 子育ての技法 その1 だっこで外出 »

多言語学習の基本と楽しみ その1

久しぶりに渋谷を歩いて、外国人の多さに気付いた。

この先、オリンピックもあるし、彼らとの接触に興味もあるし、ビジネスを考える機会にもなりそうと考える。

ところでこのブログは、国際化なら英語教育って風潮に抵抗している。だから、多言語にこだわる。

とはいえ、アジア系の言語は不案内なので、ヨーロッパ系の言語に限定される。

どんな国の人だって、その国の言葉は歓迎してくれる。米英の人に「ハロー」と言ったって対してサプライズはないが、少数派の言語話者は、率直に感動さえしてくれる。

でも、挨拶表現は確かに重要だが、応用が利かない。気持ちを伝えることが中心の決まり切った表現で、本来の意味は通常さほど考慮されていないからだ。

たとえば、日本語の「こんにちは」に突っ込んだ説明を加えることは至難の技である。

その先は文法の領域、となる。

でも、本当に関わるとなると、時間と労力が多大だ。そこで、広く浅く多言語を楽しむ方法を考える。

その1 同系列の言語でいく

たとえば、英語とドイツ語の親和性は、フランス語より高い。また、ドイツ語とオランダ語は密接である。

ラテン語と聞くと、マニアック過ぎてとんでもない、と多くの人は考えるが、この言語は、フランス語、イタリア語、スペイン語などの源である。なので、ヨーロッパ南部の言語をざくっとものにしたいなら、強力なツールだ。

その2 言葉をつなげる最低限の文法

特定の言語を最低限文法で理解したいと考えるなら、まず、名詞+名詞、名詞+形容詞の文法をものにしたらどうか。通常の外国語教本は、文章を成立させるために、動詞の使い方に重点が置かれるが、そこが挫折の基である。

赤ちゃんが最初に話す言葉は、一言名詞、たとえば、わんわんとか。

そして、おっきいわんわん(二連語)、に発展すると、親は感動する。

この場合、並べただけ、だが、英語で、My home と言うべきところを、I home と言ったらすごくカッコ悪い。これが最低限の文法。

« サボテンと心理分析 | トップページ | 子育ての技法 その1 だっこで外出 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 多言語学習の基本と楽しみ その1:

« サボテンと心理分析 | トップページ | 子育ての技法 その1 だっこで外出 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ