« 逆説の社会史 その2 維新の意味 | トップページ | 逆説の社会史 その3 真田丸と裏切りの作法 »

ラテン語の世界 その29 Dum Spiro Spero、命と希望

Dum Spiro Spero /ドゥム スピーロー スペーロー

国際性を掲げる私立小学校の広告に、この言葉をモットーとしたエンブレムがあったので書く。

それっぽく、訳せば、”命ある限り希望がある”。むしろ、ホスピス向きかな。

限界状況にある人を励ますような意味だ。

直訳では、

私が息をする間、私は希望を持つ。

内訳は、

Dum/~の間(接続詞)、Spiro/息をする(動詞)、Spero/希望を持つ(動詞)

主語はどこにもないけれど、動詞の変化形で、一人称=私が主語と決まる。

日本語のように、主語をあいまいにできない。

この表現は、良く知られたもののようだけれど、文法的に簡単な応用をしてみよう。

たとえば、私→私たち、貴方とか換えるにはどうしたらいいか?

①Spiro、Speroは、一人称現在なので、幸い、辞書にそのまま記載されている。

②辞書を引くと動詞の「不定形」を突きとめることができる。

③不定形を突きとめると、どんな変化パターンの動詞なのか判明する。

④特定の変化パターンに従ってその語を変化させる。

謎解きみたいな手続だが、これがラテン語の世界。現在形ならこれで済むけど、過去形が三種類あったりするので実に複雑。でも、その変化形は美しいほどに整然としている。

Dum Spiras Speras/貴方に命ある限り、貴方は希望を持てる(希望を失ってはならない)。

二人称型でかっこよく決めるとこんな感じかな。

ところで、辞書を引くって義務教育で学ぶよい習慣なんだ。

Spiro/息をする、Spero/希望を持つを引けば、同じ言葉の別な意味に出会うこともあれば、呼吸や希望といった名詞にも出会うことができる。

Spiroには、霊感を受ける、詩を作るの意味もある。これは、興味深い世界観を想定させるものだ。

名詞としてSpiritus(スピーリィトゥス)/呼吸は、命や精神の意味もある。

それは英語のSpirit、Spiritual の明らかな語源と分かる。

 

« 逆説の社会史 その2 維新の意味 | トップページ | 逆説の社会史 その3 真田丸と裏切りの作法 »

ラテン語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/448947/63467328

この記事へのトラックバック一覧です: ラテン語の世界 その29 Dum Spiro Spero、命と希望:

« 逆説の社会史 その2 維新の意味 | トップページ | 逆説の社会史 その3 真田丸と裏切りの作法 »