« 小学生と習い事  音楽について | トップページ | 小学生と習い事  水泳について »

小学生と習い事 英会話について

とにかく、幼児期の言語習得能力は、恐るべきものである。毎日、20語程度と聞いたことがあるが、そうなのだろう。

しかし、当然ながら、人のとの濃密な関わりの中で学んでいく。小学生ともなると、文字の世界が広がる、というか、そのように方向付けることが必要なのだけれど。

子どもが勝手に本を読んで、日本語学習してくれるのは、親としてもありがたい。

で、本題なのだが、子どもの英会話教室。世の中の親たちは、”将来ためになるだろう”、いや、”英語くらいできなくては”と、強迫観念により、英会話教室が始まる。

が、子どもは、ごく目先のことしか関心がない。日本語で事足りる以上、わざわざ英語で話そうなんて思わない。これが音楽と異なる点だ。

家庭内で、(日本人の親が)日常的に使用する?なんてことすると、正しい発音が身に着かない、なんて言われたりする。

幼児期の言語能力に期待し、早い時期から始めた方がいい、確かにそうなのだが、よほど長時間英語に触れる機会がない限り、なかなか聞き分け能力を身につけることや、それっぽい発音にはならないだろう。

むしろ、アルファベットの読み書きがありがたい。そして、フォニックス(英単語の読み方)、フォニックスは、日本の英語学習の盲点だと思う。これらは大人の英会話教室には通常ない。

小学生なら、漢字を学び始めるが、平均的な日本の生活はアルファベット表記がかなり普及している。なので、これは子どもの日常にも親和性が高い。

じゃ、ローマ字で済むか?ってことだけれど、これはあくまで日本語のフリガナ的なものなので、一つの綴りで意味を持つ印欧語(英語)の発想とは次元が異なる。

この違いも含め身につけさせてもいいかも。

余談だが、英語って綴りと発音が異なる点が多い厄介な言語だ。その点、ラテン語は、ほぼローマ字式に読めるありがたい言語である。

« 小学生と習い事  音楽について | トップページ | 小学生と習い事  水泳について »

心理学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/448947/62761329

この記事へのトラックバック一覧です: 小学生と習い事 英会話について:

« 小学生と習い事  音楽について | トップページ | 小学生と習い事  水泳について »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ