« 小学生と習い事  水泳について | トップページ | ドラえもんと科学史 その3 心理操作 »

小学生とラテン語 その2 多言語で父母

語学クイズを出してみた。

課題は、「いろんな国の言葉を聞いて、何のことだか当ててごらん」。

1ばん athair,máthair アール、マール

(アイルランド・ゲール語~ケルト系)

???

2ばん vater,mutter ファター、ムッター

(ドイツ語~ゲルマン系)

??

3ばん padre,madre パードレ、マードレ

(イタリア語、スペイン語~ラテン系)

4ばん pater,mater パテル、マーテル

(ラテン語~ラテン系の起源)

「うーん、もしかして!、パパ、ママ?」

5ばん father,mather  ファザー、マザー

(英語~ゲルマン系)

「お父さん、お母さんだ!」

〈解 説〉

ほぼ日本語化している言葉、パパ、ママは、当然、ヨーロッパ系の言語起源であるが、「パパ」の方は、英語では導き出せない。しかし、ラテン系の語感からは導き出すことができる。それに比べ、母の「M」音は、ブレない。

母に関連する「M」音は、普遍性を感じる。ヨーロッパ系に限らず、人類的な感覚なのかも知れない。

たとえば、日本の乳児が最初に口にする言葉の一つ、「マンマ」は、母親のイメージとも強く関連する可能性があるだろう。

母は偉大である。

« 小学生と習い事  水泳について | トップページ | ドラえもんと科学史 その3 心理操作 »

心理学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/448947/62884081

この記事へのトラックバック一覧です: 小学生とラテン語 その2 多言語で父母:

« 小学生と習い事  水泳について | トップページ | ドラえもんと科学史 その3 心理操作 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ