« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

2015年11月

小学生と習い事  音楽について

グローバルといえば、英語?なので、英会話教室も盛んだ。いや、忘れてはならないものが音楽(演奏力)だ。これほど世界に普遍的なものはない。

ただし、親的にも大変である。教室に放り込んでおけば済むものではない。その本題は、どれほど自宅で練習できるか(させるか)にある。

そのためには、親がそれなりに補助的な指導ができなければ続かない。また、なだめすかし、叱ってほめるモチベーションを維持させる技術?も磨く必要がある。

と、いうことは、親の教育力訓練になったりする。

でも、そのうち、受験とかで、続かないことが多かったりするのが実情だ。音楽を続けることは、受験に不利なのか?

人前で演奏し、拍手を受け、認められる。それは、結構な経験なのだが、通常は数分のことに過ぎない。それまでの地味な練習がどれほど必要か、と考えると割に合わないのかもね。

むしろ、地味なことを続けうるってことが、後の人生の糧なのだろう。また、好きな音楽で繋がる人間関係も注目したい。ネットでヤバイ連中と子どもが繋がるリスクと対比してみよう。

手軽な楽しみが満ち溢れる世の中でこそ、まわりくどい楽しみが輝いていい。

余談的だが、それなりの大学には、管弦楽団があったりする。クラシックにこだわりすぎることはないけれど、大学時代の印象で、音楽やってる連中はみんな印象深いと感じる。

極めて例外的に、学部で管弦楽団を持っている大学もある。

音大?そりゃそうだ。それはさておき、慶應義塾大学医学部である。

そこで仮説、少なくとも学力と演奏力は反比例しない。

スターウォーズの社会史、最初の作品

普段、DVDなんて借りることはないが、うちの小娘と最初の作品を見ることにした。

昔、昔、銀河の片隅でみた、アレをもう一度見る。

これ、もはや古典で、教養的に重要だったりする。たとえば、スターウォーズを知らないと、ドラえもんも、妖怪ウォッチも、パロディが理解できないのだ。

通常の配置にはない、、、新作を控えているから、レンタル屋さんも特設コーナーを設けているのだ。

借りる時点で時代を感じる。「一番最初の作品、どこだっけ?」これが、店員さんに通じない。「ファントムメナス?じゃななくて最初の、、」、となる。

原点の1977年公開の作品は、ストーリーの時系列的にエピソード4、なのだ。なるほど。

映像的に時代を感じさせる点は、宇宙人系の登場人物はさておき、人間系は、見る限り全部白人。未来から見て初めて分かる当時のアメリカ映画の文化である。

ハリーポッターなら、最初から人種的割り当てを相当配慮しているが、70年代ってそういう時代だったのだ。

もう一つ70年代的なものを挙げれば、”フォース”、西洋社会が東洋的神秘主義に関心を持っていた時代ということが改めてわかる。

そして次作では、ルークがマスター・ヨーダから秘伝の伝授を受けることになる。

フォースとは、あえて東洋的に置き換えてみるならば、”気”だろう。含蓄のある言葉である。日本の日常語にも相当含まれているが、意識して掘り下げてみるのも面白い。

合気道の”気”でもあるし、東京の高尾山の山門にも掲げられている概念だ。

今日は、この辺で。

みなさんもダースベイダー卿のように”闇落ち”しないよう、良い気を養ってください。

May The Force be with you !

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »