« 下北・青い森紀行 その6 尻屋崎と寒立馬 | トップページ | 下北・青い森紀行 その7 仏ヶ浦の聖地 »

小学生とラテン語 その1 Sol(太陽)とLuna(月)

うちの子が学校で、漢字として日、と月を学んできた。そこで、復習と応用を教える。

日と月から、「明」も、太陽(日)と月だったら明るいよね。

英語としてサン、ムーンは知ってるが、綴りは知らないのでついでに

「Sun」、「Moon」の綴りも教える。が、スン?モーン?ローマ字的に覚えにくい。

そして、これでは?と、ラテン語の出番。「Sol」「Luna」、なんとか読めるので子どもは喜ぶ。

「ラテン語って簡単!」

そうだよ、だいたいローマ字読みだから。

いまどき、ローマ字としてアルファベット表記が読めることは、かなり有用だ。子どもにとって”意味的に見える世界”が広がる。

子どもの英語教育、それは確かに大切だろうけど、英語とは印欧語の特殊な地方語である。なので、印欧語としてより根源的なラテン語も学ぶことも重要と考えている。

それがどのように発揮されるか、このシリーズでご紹介してみたい。

« 下北・青い森紀行 その6 尻屋崎と寒立馬 | トップページ | 下北・青い森紀行 その7 仏ヶ浦の聖地 »

ラテン語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/448947/61909267

この記事へのトラックバック一覧です: 小学生とラテン語 その1 Sol(太陽)とLuna(月):

« 下北・青い森紀行 その6 尻屋崎と寒立馬 | トップページ | 下北・青い森紀行 その7 仏ヶ浦の聖地 »