« 音楽批評 TSUKEMEN ライブの感想 | トップページ | 音楽批評 マグナムトリオ ライブの感想 »

小さなライブをアイリッシュでする用意(使用楽器)

余興的に演奏を頼まれたので、楽器を選んだ。映像制作関連の団体のイベント上なので、映像関連の音楽を意識する。この場合、映像とは、”タイタニック”などである。

曲目としては、

①Ar Éirinn ní nEosfainn Cè hí (訳:アイルランドのために、彼女が誰かを言えない)

②My Heart will go on (タイタニックのテーマソング)の一部

タイタニックの音楽では、アイルランドのバグパイプ(イーリアンパイプ)が活躍したが、ティンホイッスル(B♭管)も登場しているので。

③Cooley's Reel、④Over the Moor to Maggie (連続で)

あと、ポルカとか(簡単なダンスの伴奏として)

②以外、一般の人は知らないと思うけど、YouTube でこれらは簡単に聴くことができる。よろしければ、ご検索を。

④この曲は、日本のアニメで使われたことがある。マイナーなアニメだけれど、「魔法遣いに大切なこと」だ。遠野(主人公の出身地として設定)の風景のBGMとして使われた。楽器は、アイリッシュ・フルート。

楽器は、これら。

Photo
上から、アイリッシュ・フルート(E管)、メーカーは、ペーター・ノイ。一般的にはD管だけれど、ソロで演奏するなら、運指上、小ぶりなE管がいい。

中央は、ティンホイッスル(B♭管)、メーカーはチーフタン、演奏はタイタニック用。

下は、標準的な、ティンホイッスル(D管)、これは明るく楽しいポルカ演奏を想定。

さて、、、うまくできるかな。飲みすぎないようにしよう。

« 音楽批評 TSUKEMEN ライブの感想 | トップページ | 音楽批評 マグナムトリオ ライブの感想 »

アイルランド音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小さなライブをアイリッシュでする用意(使用楽器):

« 音楽批評 TSUKEMEN ライブの感想 | トップページ | 音楽批評 マグナムトリオ ライブの感想 »