« 映画ドラえもんと科学史 その2 秘密道具博物館 | トップページ | ラテン語の世界 その28 分かりやすい入門書 »

エイプリルフールと自己言及のパラドックス

今日は4月1日なので、こんな話題。

たとえば、ある政治家が街頭演説でこんなこと言ったとする。

「みなさん、政治家の言ってることなんて、嘘ですよー」

一見、もっともらしいけれど、まじめに考えると思考にバグが出てしまう。論理につじつまが合わない。だって、この人も政治家だよ。だったら言ってることの意味どうなるの?

突っ込んで考えると、それは論理学・哲学の課題の扉が開くことだろう。

自己言及のパラドックスは、日常、時どき発見できたりする。

もっとも、「自分だけは別」として、自己言及を避ければ整合するわけだけれど(自分でこのパラドックスにハマっている人は暗黙にそのように考えているわけだが)、この「自分だけは別」感覚は、心理学の課題である。

« 映画ドラえもんと科学史 その2 秘密道具博物館 | トップページ | ラテン語の世界 その28 分かりやすい入門書 »

思想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エイプリルフールと自己言及のパラドックス:

« 映画ドラえもんと科学史 その2 秘密道具博物館 | トップページ | ラテン語の世界 その28 分かりやすい入門書 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ