« 社会史を考える その1 少年非行集団 | トップページ | 映画ドラえもんと科学史 その1 宇宙英雄記 »

ひな祭りと呪術

今日のグーグルのトップページは、流し雛。雛壇のお雛様ではない。凝ってるね。

流し雛の方がずっと古い形態らしい。そしてその本来の意味は、呪術といってもいい。

人形って近代的には、かわいがるものだけれど、呪術では、身代わりだ。女の子の健やかな成長を願い(これは今も同じだけれど)、その身に降りかかる災厄をこっちにそらせて流してしまおうとする儀式だ。

もう一つ呪術的な要点といえば、水。日本の伝統的な儀式として穢れを祓う水のイメージはとても重要だろう。

ひな祭りを説明する英文にこんなものがあった、「water purifitice ritual」/水で穢れを落とす儀式。本質を突いた表現と思う。

人形をにんぎょう、と読めば、英語のdoll に相当するが、ひとがた、と読むとサイキックな意味合いがある。英語なら、figurine か。

いずれにせよ、お雛様は、しかるべく正しく扱おう。

« 社会史を考える その1 少年非行集団 | トップページ | 映画ドラえもんと科学史 その1 宇宙英雄記 »

民俗学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ひな祭りと呪術:

« 社会史を考える その1 少年非行集団 | トップページ | 映画ドラえもんと科学史 その1 宇宙英雄記 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ