« スコットランドの光と影 その4 そして歴史は動かなかった | トップページ | 神戸の女児殺害事件のプロファイリング »

フルート入門 その2 対照的な姉妹フルート

  偶然、フルートの姉妹が出会った。詳しくご説明すると、同じ職人によって作られたフルートが互いに持ち寄られる機会があったということ。この2本のフルート生まれた工房はマテキ。

なぜ、姉妹かって?フルートはドイツ語上の扱いが女性名詞だから。また、年齢の上下は、製造番号の違いで判断できる。

この機会を利用して、これからフルートを初めてみたい方に少しご案内をしてみたい。

Photo

写真上のフルート、この子は妹だ。穴の並びがまっすぐ(インライン)、キーはリング状になっている(リングキー)。持ち主(僕)の趣味で、彫刻まで入っている。

姉は、対照的。穴の並びが曲線的で(自然な指の配置、オフセット)、キーは蓋状(カバードキー)。堅実で地味である。

この対比、人間でもありそうな姉妹?

インラインでリングキー、僕がなぜこのタイプのフルートを選んだかといえば、構造デザイン的に端正だし、指を微妙にずらす技法が使いたかったから(曲目にアイリッシュ系を意識)。

一方、楽器屋さんに売られている量産型のフルートは、オフセット、カバードキーが多いと思う。手の小さな人でも操作性が良いし、正確な音も出しやすいから、つまり無難だ。

しかし、姉はれっきとした職人手作りモノである。その職人技の最たるものは、頭部管(吹き口がある部分)の、巻き管製法だった。

これは、管を伸ばして造るのではなく、板を巻いて繋ぎ合わせて造る製造法のこと。見た目ではほとんど分からないが、こちらの方が難しく、値段も高い。

姉フルートは、組み立てるとき、独特の感触があるように感じた。吸い付くように入るような。実際、妹と吹き比べてみる。音質といえば、明らかに上質と感じた。なぜこんな違いが生まれるのか不思議だった。

さて、こうして姉妹は出会うことができた。でも、姉妹を作った職人さんは、すでに亡くなっていた。楽器の世界ではよくある話だ。でも、自分の技をずっと残る音の形にできるなんて、いいことだよね。

« スコットランドの光と影 その4 そして歴史は動かなかった | トップページ | 神戸の女児殺害事件のプロファイリング »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フルート入門 その2 対照的な姉妹フルート:

« スコットランドの光と影 その4 そして歴史は動かなかった | トップページ | 神戸の女児殺害事件のプロファイリング »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ