« 子どもの柔軟性、心と体 | トップページ | アナと雪の女王 その7 題名とユングな布置の問題 »

フルート入門 その1 銀座山野楽器へ行く

つまり、フルート選びの付き合いである。ここほど各種メーカーのフルートを吹き比べできる場所もないので、銀座山野楽器へ。

それにしても、「アナと雪の女王」、、一階の特設コーナーはあの主題歌で席巻されている。地下鉄の階段で歌っている子どもがいるほど。

でも、とにかく5Fのフルートサロンへ行く。

ことの発端は、僕のマテキ(フルートのブランド名)である。僕よりフルートができる人が、このフルートを吹いてみたところ、いたく気に入ってしまった。操作性がいい、特に高音域の音がよく出る、ってことで、愛用のフルートの限界を感じ、マテキに拘わらずいろいろ試してみたい、と思ったわけ。

僕は、コメント係。

こんなきっかけで、このシリーズを始めてみた。

そもそも、フルートを広めることに関心がある。この記事をきっかけにフルートやってみたい、って人が増えることを期待している。

さらに欲をいえば、笛一般。僕の使用楽器は、その他、ティンホイッスル、アイリッシュフルート。こっちの紹介もしてみたい。

« 子どもの柔軟性、心と体 | トップページ | アナと雪の女王 その7 題名とユングな布置の問題 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フルート入門 その1 銀座山野楽器へ行く:

« 子どもの柔軟性、心と体 | トップページ | アナと雪の女王 その7 題名とユングな布置の問題 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ