« 宮古島紀行 その13 清流の生き物とボラガー | トップページ | アイルランド極上の夏 その13 渓谷を行く »

アイルランド極上の夏 その12 晴嵐の城 Easkey

北アイルランド、スライゴー(Sligo)の海岸にある城である。地名にちなみ、Easkey Castle と呼ばれるが、別名もある。

メイヨー県からスライゴー県の北部をよぎる幹線道路N59を外し、海岸線を走るR297に入るとこの城が見えてくるだろう。ランドマークの乏しい地域なので、分かりやすい。

Easkeycastle

地域の族長(Chieftain)が900年前に建造したとされる古い城であるが、保存状態が良い。アイルランド本来の無骨な様式(タワーハウス型)だが、その高さは有数かもしれない。

それにしても、この暴風。カメラを三脚に固定することもできない。岸壁に這いつくばって撮影するが、見る見るフィルターに塩が固着していく状況だった。

日本でいえば、台風の海、けど、アイルランドではよくある海。

ところで、城の脇の建物は?といえば、海水浴場の施設である。さすがに人はいなかった。

地図上は、オートキャンプ場として表記されている場所、城の記載はなかった。

ここで少しアイルランド旅行の基本ガイドをしたい。この程度の城は、かなり詳細な地図でも記載されていないことが多い。その意味で思わぬ発見もあったりする。

雨と風、田舎を旅するなら対策が必要。登山の楽しみがない人でも、旅行前にアウトドアショップで防水性のあるパーカーとか、靴とか準備した方がいいかも。

アイルランドで傘を差す人は少ない。風を伴うことが多いからだ。

矛盾するようだが、日焼け対策も夏なら考慮に値する。雨が多いとはいえ夏の日照時間は長く、太陽が低いので、車の中でも日焼けするし、田舎はほとんど平原なのでさえぎるものがない。自動車を運転するなら、サングラスも欲しい。

« 宮古島紀行 その13 清流の生き物とボラガー | トップページ | アイルランド極上の夏 その13 渓谷を行く »

アイルランド」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/448947/52306416

この記事へのトラックバック一覧です: アイルランド極上の夏 その12 晴嵐の城 Easkey:

« 宮古島紀行 その13 清流の生き物とボラガー | トップページ | アイルランド極上の夏 その13 渓谷を行く »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ