« 心の防衛術 その1 はじめに | トップページ | アイルランド 極上の夏 その11 羊飼い »

心の防衛術 その2 セグメント化

結婚後、姓が変わっても職場でそのまま使い続ける人がいる。それは、仕事上の便宜でもあるが、心の防衛にも役立つだろう。

つまり、職場のできごとを私的領域まで持ち込まない技術の一つでもある。名前とは特段に重要な社会生活上のタグなのだが、名前を使い分けるということで、別な自分を演出することにもなる。

名前に限らず、たとえば服装だってそうだが、意識的に行うかどうか。これが肝心だと思う。

こういったことが、経験世界のセグメント(segment)化である。

比喩的に軍艦を考えてみてもいい。軍艦は攻撃にさらされることを前提に設計されている。本来、鉄の船は、船体に穴が開いたら、沈没してしまう。しかし、浸水を最小限にするために、軍艦の場合とりわけ多くの防水区画(セグメント)が装備されるものだ。

したたかに生きている人は、なかなかこのあたりが周到だ。老獪な政治家なんてそう。反対に、やたらパニックする(沈没騒ぎ)人って、そういった装備が未発達なわけだ。

職場環境などがずいぶんドライになっている最近の状況からすると、セグメント化の推進が必要になっているのだろう。

ただし、やりすぎると、自分を見失うリスクがあるのかも。

だから、「心から自分が自分でいられる領域」の確保もまた重要なのだろうね。

« 心の防衛術 その1 はじめに | トップページ | アイルランド 極上の夏 その11 羊飼い »

心の防衛術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 心の防衛術 その2 セグメント化:

« 心の防衛術 その1 はじめに | トップページ | アイルランド 極上の夏 その11 羊飼い »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ