« 大津事件再考 文明国の規範とは | トップページ | 広島女児監禁事件の犯罪心理学 »

仮面ライダーの変遷 そして仮面ライダーウィザード

娘に付き合って、オーズ、フォーゼ、そして今週始まったウィザード。この最新の仮面ライダーだけど、なかなか面白いかも。

バイクを交えたアクションは、オーズ、フォーゼより正統か。一応ライダーなんだから。格闘技はなかなか華々しい。特に足技のキレがいい。戦闘モード、アイテムの多様さ、これは最近の仮面ライダーの特徴。

目新しいものは、魔法。というか、仮面ライダーが魔法使いってこんなのアリ?魔法陣で人の心まで入り込み戦闘継続、これは今までにない趣向。おまけに、使い魔まで登場。

フォーゼは学園ドラマパロディだった(それはそれで面白い)。古典的ツッパリ高校生が主役だったけれど、今どきいるわけなかろう。意外に、今のこどもたちにとって、魔法使いと似たようなものか。

フォーゼは科学と宇宙でイメージが作られていたが、戦っている連中は星座の精みたいなオカルトキャラであった。なんとも微妙なミスマッチ。

オカルトといえば、オーズの変身の仕組みは錬金術師たちが開発したメダルにあった。

そして、今回の仮面ライダーは直に魔法。仮面ライダーもここまで来たかと感じる。

ここまで、ってどういう距離感かといえば、初期の仮面ライダーたちは、理屈上、科学の悪用で生まれ、科学を悪用する組織と戦ったんだよね。

これは、20世紀の時代背景だろうが、21世紀になるとだんだんオカルト色が強くなっているようだ。このトレンド、20世紀の感覚では想定外だったろう。

科学にせよ魔法にせよ、どの道、非日常性の根拠として使えるわけだけれど。

それにしても、パンチとキックだけで戦っていた初期の仮面ライダーたち、今見ると実に素朴だ。

そのうち複雑すぎる戦闘が飽きられてしまい、「仮面ライダー・オリジン」登場とか。ダメ、関連商品が売れない、、、。

« 大津事件再考 文明国の規範とは | トップページ | 広島女児監禁事件の犯罪心理学 »

時代精神」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 仮面ライダーの変遷 そして仮面ライダーウィザード:

« 大津事件再考 文明国の規範とは | トップページ | 広島女児監禁事件の犯罪心理学 »