« 宮古島紀行 その7 言語、島ことば | トップページ | 宮古島紀行 その9 基本の景観 »

宮古島紀行 その8 島言葉、会話集

以下、カッコの中が宮古島語。

手元の資料をもとに、架空の話(パナシ)を作ってみた。若者(バカムヌ)カップルが宮古島を訪れた設定。女性(ミ・ドゥン)はAさんとし、男性(ビキ・ドゥン)はBさんとする。Aさんはリピーターである。

B 空から見たけど、きれいな島(カギスマ)だね。いいところだ(スーザヤ)。

A ようこそ(ンミャーチ)!

B 紹介してくれてとてもありがとう(タンディガァー・タンディ)。君と一緒に(ウバー・トゥ)来ることができてよかった。心配したほど、暑くはないね(アッツァ・ニャーン)。

A でも、太陽さんさんよ(ティーダ・カンカン)。さぁ(ズー)、(イン)に行こう。

B 腹減った(ヤー・スー)。疲れた(フガリ・ニャーン)。残業続きだったし。

A あれま!(アバー)、しょうがないなぁ(タスカラン)。じゃ、お奨めの料理があるよ。

AB(お店に入る)ごめんください!(カーサーチー)。

B(出された料理について)ずいぶん臭い(フサー・フサ)な。(ノウ・リャー)

A ヤギ(ピンザ)汁よ!

B げー!マジッスカ(オゴエー)?食べたことない(ファイ・ヤ・ミーン)。食べれない(ファ・イン)。かわいそう(ツンダラーサ)。

A 試しに(マズガーティ)、食べなさい(ファイ)。

B おいしい、おいしい(ンマー・ンマ)。ヤギ汁、最高(ズミー)!おかわり(ンナピ)、これで元気いっぱい(パニパニ)。

A 変な人(ピンナギ・ピトゥ)、、、。

B ごめんなさい(マツガイ・ドー)。

お店の人 またいらっしゃい(マタ・クーヨ)。

〔解説〕

・ 驚くべきことに、「こんにちは」に相当する表現はないようだ。こんばんは、は”サリー”、 さようなら、は、”トニナシ”とされるが、あまり一般的ではない感じ。文化的に、率直な対人関係を重んじるからだろうか。人が出あった場合、どこ行きますか、などいきなり本題に入るらしい。

・ はひふへほ、の音が、ぱぴぷぺぽ、やばびぶべぼ、に変化することが多い。これがそれらしさ。

(例)人→ピト→ピトゥ、昼間→ピスマ、鼻→パナ

・ ニャーン、カワイイがこれ猫ではない。猫は”マユ”。この言葉は、過去、完了の意味を加えるほか、無い、という意味でも使われる(と、用例から判断)。

・ 強調を加える場合、言葉を繰り返せばいい。なんと、率直。

(例)おいしい→ンマー・ンマ、ありがとう→タンディガァー・タンディ、元気→パニパニ

・ 最高!(ズミ)は覚えておきたいお奨めの言葉。あと驚きの表現として、オゴエ!これで旅行も盛り上がる。

・ 文法的に人称変化(アルファベットにすると語学学習的?)とか。ハイフンは意味を区切ったつもり。

私     ban,do            あなた      uba,uwa

私たち  ban-ta                          あなたたち uba-ta,uwa-ta

私に ba-nunkai                           あなたに uban-kai

私のもの ba-ga-munu                   あなたのもの uba-ga-munu

あの人 kanu-pito

この人 kunu-pito

その人 unu-pito

だれが? ta-ga?

だれを?  ta-yu?

だれのもの? ta-ga-munu?

あれ kai  これ kui

食べる foo   食べるな foo-na   食べろ fai

食べられない fain   食べたことがない faiya-miin

« 宮古島紀行 その7 言語、島ことば | トップページ | 宮古島紀行 その9 基本の景観 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 宮古島紀行 その8 島言葉、会話集:

« 宮古島紀行 その7 言語、島ことば | トップページ | 宮古島紀行 その9 基本の景観 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ