« プリキュアの夏休みと祖母の役割 | トップページ | 仮面ライダーの変遷 そして仮面ライダーウィザード »

大津事件再考 文明国の規範とは

何で今頃大津事件かといえば、最近、日本の在中国大使が狼藉に遭い、かつ犯人が英雄化される向きがあるため(民主化の成果?)、その対比として。

1891年、日本訪問中のロシア帝国皇太子が、警官に切りつけられる事件があった。重大な外交問題勃発、そのとき日本はどうしたか。

後の日露戦争にいたる暗雲が出始めていたころだ。ロシアの極東進出も始まっていた。加害者には愛国的!動機があったはずだが、認められるどころか国家レベルの不届き者扱いとなった。

世界に冠たる大国相手だから、小国日本はビビリまくっていた。いわば、国民、政府、皇室一丸の「御免なさい」キャンペーンとなった。

しかし、記録からすれば、報復も怖かったが、同様に、礼節に即し、一国の代表者に対する甚だしい無礼を民衆を交えて詫びたとも感じる。わざわざ、無礼を詫び、日本の安全を守ため、皇太子に遺書を書き、自害する人までいた。

政府の事後対応は迅速だった。それはよかったが、ロシアの手前、とにかく犯人を死刑にしようとする政治圧力も盛り上がった(それは媚びすぎだろう)。

けど、裁判官は法を曲げなかった。傷害罪である以上、死刑にはしなかった。つまり、法治国家の筋を守った。

結果、ロシア側からの報復も賠償もなし。むしろ、ロシアから皇太子を助けた人力車夫2名に、報奨金と生涯年金が与えられた。この年金は、ロシア帝国が革命により滅亡するまで続いたそうだ。ただし、日露戦争中は、日本政府が仲介をしなかった。

余談的にいえば、ニコライ皇太子、後のニコライ二世は、その日記に日本を悪くいう表現はないという。しかし、最後の皇帝として自国の革命政権により一家皆殺し。この経緯、本当に気の毒である。

« プリキュアの夏休みと祖母の役割 | トップページ | 仮面ライダーの変遷 そして仮面ライダーウィザード »

時事問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大津事件再考 文明国の規範とは:

« プリキュアの夏休みと祖母の役割 | トップページ | 仮面ライダーの変遷 そして仮面ライダーウィザード »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ