« ティン・ホイッスル入門 その2 | トップページ | 宮古島紀行 その2 黎明の空に(市歌) »

宮古島紀行 その1 遥かな遠望

日本とは、広大な海域に点在する島々によって成り立つ国だ。とりわけ、鹿児島以南には、多くの島が集中している。その一つが宮古島。縁あって、もうすぐ4回目の訪問を控えている。

地理的な名称でいえば、まず南西諸島。

南西諸島の中には、鹿児島県に含まれる薩南諸島と沖縄県に含まれる琉球諸島がある。

琉球諸島には、沖縄諸島、大東諸島、先島諸島があって、

この先島諸島には、宮古列島、八重山列島、尖閣諸島があって、

宮古列島の中に、宮古島、池間島、大神島、伊良部島、下地島、来間島、水納島、多良間島、フデ岩がある。行政区分上は、水納島、多良間島が多良間村で、他7島が宮古島市。

あー、やっとたどり着いた。イメージするだけでも広大な世界。

加えていえば、それぞれの島に特有の文化もある。この濃密さ。

このレポート(宮古島紀行)は、宮古島と池間島がこれから中心となる予定。

ところで、宮古の語源は”都”らしい(ここも、れっきとした日本語文化圏なのだ)。宮古島の中心の人口の集中した地域がミャーコ(都)と呼ばれ、それが全島の名称となったと聞く。

いざ、南の島の都をめざして。

« ティン・ホイッスル入門 その2 | トップページ | 宮古島紀行 その2 黎明の空に(市歌) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 宮古島紀行 その1 遥かな遠望:

« ティン・ホイッスル入門 その2 | トップページ | 宮古島紀行 その2 黎明の空に(市歌) »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ