« 聖パトリック伝 概略 | トップページ | 子育ての哲学 その2 権威と漢文 »

子育ての哲学 その1 子育ての究極の目的とは?

子育ての究極の目的とは、
親が、必要とされなくなること、である。最近つくずくそう思う。

ミルクの温度調整、離乳食の調理、トイレの作法の教示、挨拶の仕方、、、、それは長いようで短い日々であったが、これらは完了。保育園の送迎はまだなかなかの手間だが、小学校入学まで。

絵本を読んでくれとか、動物園に連れて行けとか、まだねだられているうちは結構なことだが、いずれ親は用済みとなる。

子どもを社会的に自立させるとは、そういうことだ。子どもは親離れしなければならないし、忘れてはならないことだが、、、親は子離れしなければならない。

« 聖パトリック伝 概略 | トップページ | 子育ての哲学 その2 権威と漢文 »

思想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/448947/44640209

この記事へのトラックバック一覧です: 子育ての哲学 その1 子育ての究極の目的とは?:

« 聖パトリック伝 概略 | トップページ | 子育ての哲学 その2 権威と漢文 »