« ジャック・アタリ氏講演会(中央大学)メモ その後の検証 | トップページ | 子どもとの対話 命と花、月と太陽 »

子どもとの対話 大いなる循環

今日は月曜日。古代ローマ人が月の日(Lunae dies)と名づけ、明治維新後の日本人もこの習慣を受け入れている。

通常の日付は直線的な進行しかないが、曜日は循環する。日本古来の十干十二支も同じ。直線的な時間感覚とは別に、このような循環的な時間感覚もある。こちらは自然の摂理に根ざしている。

「今日は月曜日なの?」。うちの娘も、だんだん分かってきたようだ。月曜日が来ると、しばらく保育園に行かねばならない、、、。けれど、また両親が一日中遊んでくれる日が来る(しばらく我慢)。

この世界の法則。季節の循環はすでに知っている。葉っぱは落ちるが、また春になれば芽吹く。冬が来て、死んでしまった虫さんたちも、夏は来ればまた会えるとか。

月の満ち欠けがあること、これも不思議なことのようだ。保育園の帰りの夜道で、時々レポートしてくれる。そして季節の星座、これは今後の課題。

季節や月の満ち欠け、これはコスモロジー(宇宙論)の感覚。しかし、近代化された生活様式の中では、このような自覚は薄れていくもののように感じる。

人間の作った小賢しい秩序を学ぶことも大切だが、こればかりだと尊大になりそうだ。

一方、生をいつくしむこと、死と向き合うこと、そして自分が何者であるかの確かな根拠、それらは自然界の大いなる循環の認識から、育まれる心性だろう。

人間の一生もまた、生かし、生かされる循環の歯車の一つ。

« ジャック・アタリ氏講演会(中央大学)メモ その後の検証 | トップページ | 子どもとの対話 命と花、月と太陽 »

思想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/448947/43261776

この記事へのトラックバック一覧です: 子どもとの対話 大いなる循環:

« ジャック・アタリ氏講演会(中央大学)メモ その後の検証 | トップページ | 子どもとの対話 命と花、月と太陽 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ