« 子どもとの対話 大いなる循環 | トップページ | さあ、心の除染を始めよう その1 直線思考の弊害 »

子どもとの対話 命と花、月と太陽

エピソード1

今日の朝、悲しい知らせを娘に伝える。

「コウロギさん死んじゃったよ」

このコウロギ、9月に公園で捕まえたものだったが、さすがに力尽きてしまった。野外の仲間の声が途絶えてしまったあとでも、長く、しかしだんだんか細く、鳴き続けていたものだった。

ベランダの片隅、少し土をしつらえて野生のデイジーが植えてある脇に彼を埋めた。

「春になったらね、コウロギさんはお花になるよ」

「本当?」

「多分ね」

エピソード2

(低い西の空を観ながら)

娘、「まだ、お月様出てるよ」

私、「太陽さんとこれから交代するよ、バイバイするけど、夜になったらまた会えるよ」

娘、「そーか、また会えるかぁ」

« 子どもとの対話 大いなる循環 | トップページ | さあ、心の除染を始めよう その1 直線思考の弊害 »

思想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/448947/43383830

この記事へのトラックバック一覧です: 子どもとの対話 命と花、月と太陽:

« 子どもとの対話 大いなる循環 | トップページ | さあ、心の除染を始めよう その1 直線思考の弊害 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ