« リサとガスパールのこと | トップページ | 映画スイートプリキュア批評 その2 世界観 »

映画スイートプリキュア 批評その1 ハープの活用

この秋の映画版では、新しい主題歌が加わっている。この曲、ハープを伴奏に使っている(題名=「心の歌」)。ハープを使った”アニソン”なんてすばらしい。

この曲、ハープの使用が効果的で、かつ、歌にあわせたその奏法もトラディショナルに近いように感じる。間奏のリコーダーもいい。

歌詞の内容的にも、”子守唄”。覚えやすい曲なので、さっそくティン・ホイッスル、フルートのレパートリーに加えてみようと試みている(CD買ってしまった、、、)。

しかし、奏でて歌うわけにはいかない。アイリッシュ・ハープやってる方がうらやましい。

ところで、映画の中では、最後の戦闘シーンに使われている。かえってこういった使い方は壮絶さを引き立てる効果があるだろうね。

実をいうと、この美少女戦隊ものの系列、過去の作品は、僕はほとんど知らないが、少なくともスイートプリキュアは音楽の世界が基礎になっている。この点、もう少し次回に書いてみよう。

« リサとガスパールのこと | トップページ | 映画スイートプリキュア批評 その2 世界観 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画スイートプリキュア 批評その1 ハープの活用:

« リサとガスパールのこと | トップページ | 映画スイートプリキュア批評 その2 世界観 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ