« 高尾山紀行 その3 行基 | トップページ | ディズニーランド紀行 その1 魔法の空間 »

高尾山紀行 その4 小角(役の行者)あるいは神変大菩薩

薬王院山門に入ってすぐ左、そこに彼のお堂がある。高尾山では、欧米系の旅行者を案内する日本人の姿をよく目にするが、彼を紹介するにあたっては、one of the greatest wizard of Japan (日本で最も偉大な魔法使いの一人)というべきだ。

このお堂は、彼に、捧げられた(dedicated)もの。彼とは、日本の修験道の開祖、小角(役の行者)のことである。

Uzunu

実在の人物であるが、壮大な神秘的逸話に満ちている。まさに、魔法使いである。この意味で、空海、安倍 晴明も偉大な魔法使いと表現できるが、正統な宗教家や国家官僚であった彼らとは異なり、小角は全くの自由人であった。その無軌道ぶりは彼の魅力の一つ。

見落としがちな場所にこのお堂はあるが、ぜひお参りしたい。一応お寺の中なので、彼には仏教的な称号が表示されている(神変大菩薩)。いわゆる菩薩のイメージからするとなんだか妙な称号だ。なんとか、仏教の枠に収めたって感じ。このお堂が境内の外れにあるのもそのせいか。

「努力せよ、力を持て、そして存分に人生を楽しめ!」

make effort,keep power and enjoy your life!

彼の伝承から僕なりに彼からのメッセージを読み取るとしたら、こうだ。皆さんもここで手を合わせてみるといい。一般の仏様とは異なる声を聴くことができるだろう。

彼は、鬼神を二人従えていたとされる。このため、彼ら(鬼神)は今も彼のお堂を守っている。

« 高尾山紀行 その3 行基 | トップページ | ディズニーランド紀行 その1 魔法の空間 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高尾山紀行 その4 小角(役の行者)あるいは神変大菩薩:

« 高尾山紀行 その3 行基 | トップページ | ディズニーランド紀行 その1 魔法の空間 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ