« 子どもとの対話 自分が生まれる前の世界 | トップページ | アイルランド 極上の夏 その4 荒野を行く »

アイルランド極上の夏 その3 湖畔の修道院

アイルランド西部を旅するのなら幹線道路N59が重要である。この道は、クリフデンから山道に入り、ウェストポートをつなぐ。その途上にこの優美な女子修道院(kylemore)がある。ゲール語由来のその意味は、”大きな教会”だろう。

Kylemore_2

湖の冷たい青さ、白亜の修道院、そして、紅色のフューシャ(ホクシア)。この日は穏やかな晴天に恵まれ、風も心地よかった。

絵葉書的に撮影できたが、だまされてはいけない。アイルランドでマトモな晴天に恵まれることは、幸運の一つである。

フューシャ、この花はアイルランド原産ではないが、これを見ないとアイルランドに来た気がしない。ベル状に垂れ下がるその形態がまたいい。

この花から妖精がぶら下がる絵なんてあるが、いかにも妖精と相性がよさそうだ。工芸品として、この花をあしらったイヤリングを見たことがある。かわいい、、。

西アイルランドをイメージして、丸ごと衣装をコーディネートしてみたらどんなに素敵か?男の僕が言っても仕方ないが。

« 子どもとの対話 自分が生まれる前の世界 | トップページ | アイルランド 極上の夏 その4 荒野を行く »

アイルランド」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/448947/40709460

この記事へのトラックバック一覧です: アイルランド極上の夏 その3 湖畔の修道院:

« 子どもとの対話 自分が生まれる前の世界 | トップページ | アイルランド 極上の夏 その4 荒野を行く »