« 子どもとの対話 生と死そして震災 | トップページ | 幼児の経験世界 学力、人間力、そして生物力 »

老いの心理学と知的サプライズ

かの松尾芭蕉が、俳諧師としての総決算、すなわち「奥の細道」の旅に出たのは、40代の半ばである。江戸時代の常識からすると、40代が隠居を考える時期でもあったらしい。

また、藤原定家の日記、「明月記」では、40歳ころから、こんな老人になった、みたいなことをグダグタ書いている。

歴史社会学的には、40代から老人のカテゴリーに入るらしい(ゲェ!)。

今は、高齢化社会であるからとんでもない?っていうけど、こんな話も聴いた。

「40歳以降は外科医の腕(手術場面)が落ちる」、これベテラン看護師さんの言葉だけれど、生理的に集中力とか低下するのだろうね。

つまり、どんな時代だろうと、生物としてのヒトの基本は変わらないということだろう。

僕が見ていて思うのは、(多くの場合)発想の切り替えがこのころから次第に、難しくなるように思う。それなりに社会的地位も高くなれば、プライドも高くなり、他人の意見を素直に聴けなくなることも多い。だから定年にはそれなりに意味がある。

って、愚痴っぽくなったけど、個人的に高齢者の多い会議に出ることが多いからだ。NPO関連なんかそう。かつて!偉かった人たちが、世の中のためにと大義名分を掲げているものだから、話が全然まとまらない。そのうち、いい年してけんか始めちゃったりする(やたらに怒る認知症のタイプもある)。

どの道、だれでも年をとるわけだが、できればカッコイイ老人になりたいもの。その処方箋はいろいろあるだろうけど、このブログで提案するのは、知的サプライズである。

それは、「へぇーそーだったんだぁ!」と素直に足元からモノの見方が変わる体験である。誰でも、子ども時代は、この体験に満ちていたでしょう。

そのネタは、路傍の雑草の中にあるかも知れないし、古本屋の哲学書の中にあるかも知れない。というわけで、このブログは、その発掘に努めています。

« 子どもとの対話 生と死そして震災 | トップページ | 幼児の経験世界 学力、人間力、そして生物力 »

心理学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/448947/40231230

この記事へのトラックバック一覧です: 老いの心理学と知的サプライズ:

« 子どもとの対話 生と死そして震災 | トップページ | 幼児の経験世界 学力、人間力、そして生物力 »