« ゲール語のテイストを学ぶ8 学習書決定版 | トップページ | 神々(こうごう)しい人たちとM.エックハルトの言葉 »

保育園でアイリッシュ・ダンス

「あの、ぐるぐるお願いします」って保育園の先生がいう。何のことかというと、うちの娘を預ける際、アイリッシュ・ダンスの技の一つ”スウィング”をしてやってるからだ。

先日は、これをしないで仕事に向かったところ、あとでぐずったそうだ。だから今日は忘れずに実施。

ついでに、お友達一人にもお願いし、速攻、うちの娘と2人でスウィングする仕方を指導した。「手はこうで、あっちの方をむいて、ぐるぐるぐる、、、」こんな感じ。保育園で広まってくれたらうれしい。

アイリッシュ・ダンスといっても、いろいろある。スウィングは、パートナーと組んで行う様式の一つだ。つまりアイルランド式、社交ダンスの範疇と考えればいい。

個人プレーではない。相手との協調がうまくできないと決まらない。この点、教育上もよいことだと思う。

« ゲール語のテイストを学ぶ8 学習書決定版 | トップページ | 神々(こうごう)しい人たちとM.エックハルトの言葉 »

アイルランド」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/448947/39176431

この記事へのトラックバック一覧です: 保育園でアイリッシュ・ダンス:

« ゲール語のテイストを学ぶ8 学習書決定版 | トップページ | 神々(こうごう)しい人たちとM.エックハルトの言葉 »