« ケルト語のフルコース 日仏会館のシンポジウム | トップページ | ジャック・アタリ氏講演会「多極的世界におけるヨーロッパ・日本・アジア」 »

書評:のぼうの城 和田竜

良く売れている本なので、最近では文庫本にもなっている。僕だってこういう普通の本を読むよ。

忍(おし)城攻防戦、この戦は、水攻め中心。だから華々しい合戦が主体ではない。当然、地味な心理戦である。あえてここに焦点を当てたことがミソ。

劇画チックな現代風の脚色が面白い。登場人物たちの心理的距離の近さに共感を感じる読者も多いと思う。主人公は謎めいているけどね、これを解き明かしていく展開が伏線にある。読者は、変人城主成田長親のプロファイリングを通じて、この合戦に参加することになるだろう。

一言でいえば、石田三成の合戦デビューの失敗談でもある。けど、描かれる三成は魅力ある人物だ。三成ファンにも必読。分かりやすい三成と変人長親の対比も見どころ。どっちが好きかと尋ねたら、答える人の性格の違いを知ることができるかも。

作者が差し挟んだ一言を取り上げてみたい。

本来、絶望的な戦なのだが、

「死そのものに価値を置き、命ぜられれば簡単に切腹してしまう江戸期の陰惨な武士たちとは隔絶した気分の中にいた」

これ大事です。

戦国時代は死にあふれていただろうけど、あくまで死そのものは無価値、反面、今生きることにとてもしたたかだったはず。作者は、文献を調べているうちに実感したのだろう。

いまサムライ流行(はやり)だけど、一言にサムライといっても時代によって異質だ。死にどう向き合うか、作者のいう江戸期の武士の価値観は、そのまま太平洋戦争末期の日本軍の行動原理にも引き継がれている、と僕は思う。いやそれ以上に。

 

« ケルト語のフルコース 日仏会館のシンポジウム | トップページ | ジャック・アタリ氏講演会「多極的世界におけるヨーロッパ・日本・アジア」 »

日本思想史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 書評:のぼうの城 和田竜:

« ケルト語のフルコース 日仏会館のシンポジウム | トップページ | ジャック・アタリ氏講演会「多極的世界におけるヨーロッパ・日本・アジア」 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ