« 幼児の経験世界 中間領域 | トップページ | 人はなぜ悩むのか 完ぺき主義 »

パラダイムについて

ある医学セミナーの表題によると「2型糖尿病治療のパラダイムシフト」、なんて言葉がある。つまり血糖値のコントロールではなく、糖尿病そのものを治す方向への変化、これをパラダイムシフトと表現しているらしい。

パラダイムは、もともと科学史、科学哲学用語として提唱されたものだが、T.クーンが1962年に提唱してから、最近になり急に広く使われているように感じる。

1980年代ころ、日本の思想界を賑わしていたが、21世紀になってビジネス書にも波及したようだ。ただし、大きな思考の枠組み、くらいの意味に落ち着いている。

ところが、抜け落ちた意味もある。科学は一貫して進歩している、と誰もが信じているのだけど、たびたび断絶があるのではないか、これがクーンの視点。

パラダイムシフトとは、この根本的断絶を本来意味している。ってまあそうかもね、と納得できるかも知れないが、もう一歩踏み込むと、深刻な問題がある。

特定のパラダイムの中でA理論より、B理論の方が優れていると判断されるってことだ。それくらいパラダイムとは強力な枠と想定されていたんだよね。

つまり、この理論がおかしいとか、正しいとか、それはパラダイムの中でしかいえないのではないか、だからほんとうに客観的な科学なんてありえないのでは、と考えることもできる。この辺になると、いろいろ意見が分かれるだろう。

最もこの立場を突き詰めたのは、P.ファイヤーアーベント。科学的真理など、科学者集団の内輪の問題にすぎない、彼の立場を要約すればこういうことだ。勝手にパラダイムでも何でも作ってくれ、ただし真理を独占したと思うな、って感じ。これは「知のアナーキズム」と表現できるだろう。

一方、いやいやキチンと方法論を守れば科学は進歩できる(批判的合理主義)、この立場に立つのが、K.ポパー。僕的には、これぐらいが穏当だと思う。このブログにも登場したK.ローレンツは生物学的認識論の立場から、ポパーを擁護しているが、このあたりも興味深い。

少なくとも、新しい何かを求めるためには、広い意味でのパラダイムは気をつけたほうがいい。思考とは、地道に積み上げていくとも大切だけれど、大きな跳躍のためには、パラダイムを飛び越える勇気が必要だからだ。

« 幼児の経験世界 中間領域 | トップページ | 人はなぜ悩むのか 完ぺき主義 »

思想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/448947/38601857

この記事へのトラックバック一覧です: パラダイムについて:

« 幼児の経験世界 中間領域 | トップページ | 人はなぜ悩むのか 完ぺき主義 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ