« 幼児の経験世界 鬼ごっこの心理学 | トップページ | 裁判員裁判と耳かき店員ら殺害事件 »

幼児の経験世界 移行対象に出会う

移行対象とは何か、一言でいえば、乳幼児が特段の愛着を示す特定の物で、自立の足がかりとなるものでもある。これは、イギリスの精神分析医ウィニコットの理論に基づいている。

昨夜、押入れを整理していたら、長い紡錘形の抱き枕が出てきた。これで娘と遊んでみたら、なかなか盛り上がった。

朝になり、コイツにビニールテープを加工した目をつけてみた。さらにバカ受けした。形状から、ナメクジ(slug)みたいなので、スラッギーと名づけた。

スラッギーを同席させると、朝食もさくさく食べる。自分から、分けてやるほど楽しんでいる。朝食が終わっても、格闘して一緒に遊んでいる。実に、頼もしいナメクジだ。

遊んでいるうちに、目がとれてしまった。残念至極である。しかし、娘はめげなかった。どこからか、布製ガムテープの切れ端を探し出し、目の位置に貼り付け、私の前に得意げに差し出した。そこで、目を書き加えてやると、「カワイー」という。

スラッギーにバイバイして、保育園に行く。いつもより、すんなり家を出ることができた。コイツは使える!(経験者なら分かるだろうけど、2歳児にもなると、ダダをこねたら手におえない)

適切な移行対象は、子守に役立つ。けど、ウィニコット先生いわく、子どもが選ぶことが肝心。思わぬ偶然に期待するしかない。

« 幼児の経験世界 鬼ごっこの心理学 | トップページ | 裁判員裁判と耳かき店員ら殺害事件 »

心理学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/448947/37484511

この記事へのトラックバック一覧です: 幼児の経験世界 移行対象に出会う:

« 幼児の経験世界 鬼ごっこの心理学 | トップページ | 裁判員裁判と耳かき店員ら殺害事件 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ