« 小泉八雲展 PR | トップページ | コンパニオン・プランツ ローランド地方の旅で »

八丈島紀行その7 建物

町外れの海辺には、リゾートホテルの廃墟がいくつかあった。バブル経済の傷あとの類だろう。空ろな窓から、太平洋の荒波を臨むかつての観光客たちの幻影が見えてきそうだ。

廃墟ホテルに負けないほど、古びているのは、町役場。特別なデザイン、装飾もない昭和初期のコンクリート造り、といっても差し支えない(年代は知らない)。世の中には、場違いゴージャスな、かつ品のない市役所、町役場もあるが、これは正反対。

立派である。箱物にむやみに金をかけないということだ。旅行の前に、観光課にいろいろ問い合わせをした。即答できない質問は、調べて後から電話をくれた。好感を持てる公務員の方であった。

役場は古いが、町立八丈病院は新しく、民政に力が入っていると感じた。離島の医療は後盾を期待できない。患者をたらい回しなんてできない。だから、背水の陣で医療をしているはず。

その規模に比べ、設備もスタッフも充実しているだろう。本土では人手不足の小児科、産婦人科にも常勤の医師がいる。小児科なんて、金曜日の診察時間帯が長いぞ。

本土で見慣れた系列スーパー、あるいはコンビニも多分なし。地生えの商店が多い。○○商店なんていいなぁ、、よろず屋さん的お店が多く、観光客にとっても旅をした気分が増す。地元の物産も豊富(あたり前だが)、あのくさやも通常食材として普通に売られている。なぞの野菜もあった。「青ヶ島きゅうり」。確かに通常のきゅうりではなく、太めで短いものだった。

余談、地元高校生たちには、コンビニのバイトにあこがれる風もあるようだが、八丈島にコンビニは似合わないよね。夏季限定の浜辺のレストランでがんばって働いていた女のたち、元気でやってるかな。夏休みの宿題を気にしていたけれど。

« 小泉八雲展 PR | トップページ | コンパニオン・プランツ ローランド地方の旅で »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 八丈島紀行その7 建物:

» 超!八丈島 [八丈島]
八丈島とにかく気になります。八丈島について毎日検索してしまうのです。今日はこのブログを見つけました。八丈島ツアー皆様、こんにちは本日は朝から絶好のダイビング日和日中は気温がグングンあがるみたいですよーしかーし、夜になるとその分寒くなるので体調管理にご注意下さいネさて、先週三連休に行って来ました二泊三日八丈島ツアーのご報告しまーす...... 八丈島のガード下のんき屋|八丈島観光協会blog八丈島観光協会の八丈島観光協会blogの記事、八丈島のガード下☆のんき屋です。... 八丈島紀行その7 建物:... [続きを読む]

« 小泉八雲展 PR | トップページ | コンパニオン・プランツ ローランド地方の旅で »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ